読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いのちよおどれ。

自分を知るとは、いのちをしること。つまり、真理を知ること。

ただの日記(2016.9.18)

 

めずらしい人から着信があって 

 

わーひさしぶり!どうしたのー? 

 

と電話に出ると

とても悲しいお知らせだった。 

 

 

わたしが大学時代にバイトしていた

TV局の美術の社員だった上司と

1年前に街でばったり逢ってお茶をした。 

 

 

数年前に大きな病気をして、

手術をしてからすっかりやせてしまったけど

60を超えてもおしゃれして、天神の画廊を歩き回る

好奇心の塊は、やっぱりかっこいい。 

 

 

わたしは、彼に生き方を習った。 

 

hugheart.hatenablog.com

 

 

またみんなで集まって呑みましょうよ!

 

うん。まだもうしばらくは、オレも死ねんな。 

 

そう笑って別れて 

 

 

そのあと、用事を思い出してメールを送ったら

退職しても、また呼び出されてるんだって

相変わらず忙しそうに仕事をしていて

 

 

もー無理しちゃダメですよ~!

 

ってあきれて言いながらも、思った。

 

この人はずっとそうだった。

頼まれたら、断れない人なんだ。

 

 

プロデューサーからの無理難題も

収録中に起こるさまざまなハプニングも

限られた時間と予算の中でセットを作るのも

 

いや~困った困った!

 

と頭を抱えながらも、結局なんとか形にしてしまうもんだから

また難しいことを頼まれちゃって、走り回る。

 

 

魔法使いみたいなオールマイティさと

損得抜きでなんでも引き受けちゃう人の好さが

彼の素晴らしいところだったんだ。 

 

 

めちゃくちゃ忙しい人なのに

バイトのみんなを可愛がってくれて

わたしは本当に本当にお世話になった。

 

f:id:hugheart:20160918135903j:plain

  

生きてると、こういうことがある。

 

 

また逢おうねって言ったまま

一年や二年なんてあっという間に過ぎてしまい

約束を果たせなかった悔しさが 

ざらりとした後味で胸に残る。 

 

 

もう一緒に呑めないなんて、寂しすぎるけど

思い出すのは、あのくしゃくしゃの笑顔。

 

彼の怒ったところなんて 

見たことがないから 

わたしの記憶には、笑顔しかない。

  

 

笑い合った思い出が多いほど

お別れするのは、やっぱり寂しい。

 

 

こんなことがあると、しみじみ思う。 

 

どこにいて、何をしててもいい。

逢えなくたっていい。 

あなたが生きていてくれたら、それだけでうれしい。 

  

だから  

元気でいてね。 

幸せでいてね。 

  

だいすきな人たちとは 

逢いたいときに

いつでも逢えるんだって

子どもみたいに無邪気に 

信じさせていてほしい。

 

 

そんな存在が、わたしには山ほどいるんだってことを。

 

 

雨が、まるでわたしの分まで引き受けてくれたみたいに

大泣きしてる。