いのちよおどれ。

自分を知るとは、いのちをしること。つまり、真理を知ること。

最高最善のことが起きている。

 

目の前のひとが見せてくれるものは、大きい。

 

f:id:hugheart:20160821120744j:plain

 

ちょうど、愛って所有するものじゃないよね。 

 

って話をしてたんだけど、まさにそれを体現している2人が目の前に現れた。 

 

 

仕事を手放し、社会の常識を手放し、あれもこれも手放して手放して、

毎瞬毎瞬、自分の気持ちに正直かどうかを自分に問うて

そうして魂が出逢ってしまったら、2人でいるしかなくなった。

 

 

熊本の震災ボランティアで、彼らが出逢って1週間。

惹かれ合って、それでも彼には家庭があるしと思っていたら

その気持ちを聞いた奥さんが、離婚届をすべて準備してくれた。

 

彼女のほうは、もう数年前に家庭を手放しているけど

いつでも家に帰って子どもと逢うことをみんなゆるしている。

 

 

それから3カ月、呼ばれるままに二人で全国を移動してるのだそうだ。

 

 

ただ単に、心を無視して形を整えることが大切なんじゃなくて、

その人がその人として生きることを、みんなが心から望んでる。 

結局のところ、彼らはほんとうに愛されてるんだ。

 

 

そして、それは彼らが特別って話じゃなくて

ひとり残らず、みんなみんな愛されてる。

 

 

現実的には、そりゃぁまぁいろいろあるんだろうし

そもそも、自分の気持ちを生きてるひとたちって、

人の心をざわつかせるから

 

 

わたしも最初、なんなんだ?このチャラい雰囲気の男は?

って思ったし(せいじくんごめん!)

 

そして場違いなまでの、お人形さんのようないでたちで現れたさゆりちゃんの

ぶっとび加減にびっくりしつつも、話してみるとそのピュアさに衝撃!

 

 

やっぱり、今出逢う意味があったんだなーって思う。

 

f:id:hugheart:20160821075833j:plain

 

男性性と女性性の本質を

言葉で伝えるのは、ものすごくむつかしい。

 

それでも、真実のパートナーに出逢ったふたりが

ふたりでいると、こういうエネルギーなんだなってのを

肌で感じて、もうどんな言葉よりも強烈に身に沁みて

わたしの中で、何かが溶けていった感覚。

 

 

せいじくんが言っていた。 

 

男が決めるのは、

「何があっても、この人と一緒にいる」 

ただそれだけ。 

 

 

それを、彼女にも決めてほしいと思ったけど

わたしも!と決めた瞬間、まるで彼女らしくなくなった。

それで、彼女は決めたことを撤回したらしい。

 

 

本来の女性性は、決めるものじゃなくて

ゆらぎ、とどまらず、変化し、たゆたいつづけるもの。

 

だからこそ、真の男性性は、そのすべてを受け止めるだけでいい。

 

 

真実の愛って・・・

 

真実だからこそ、向き合うのがものすごく怖かったり

もういいやってぶった切りたくもなるものらしい。

だって、逃げるほうが簡単だから。

 

けどね。わたしも、もう逃げたくないんだよね。

それをやるって決めて生まれてきたことを知ってるから。

 

 

これから、なにが起きるかはまったくわからない。

けど、何が起きても、それは最高で最善のことなんだと思う。 

 

 

ふたりの体感からシェアしてくれた感覚が、まっすぐに入ってきて

あぁわたしはこれから、それを体現していくんだなぁって感じた。 

 

 

わたしも、どうしようもなく女だった!

それを思い出して、細胞がざわついた二日間でした。 

 

 

 

★【やさしい世界の招待状】メルマガ登録はこちらから→会員情報登録