いのちよおどれ。

自分を知るとは、いのちをしること。つまり、真理を知ること。

わたしの夢

 

小学校の卒業文集に書いた夢は

 

童話作家になって、世界一周する。 

 

なんの脈絡もないけど(笑)

その頃から、夢を一個に決めなきゃいけないなんて

ナンセンスだと思ってて、こういう表現になった。 

 

職歴は、インテリア・コーディネーター→日本語教師→心理カウンセラー

 

これまた、なんの脈絡もないんだけど、どの仕事も

人の人生に深く関わる仕事ばかりで、ほんとうに奥が深い。 

 

 

大人になってもやっぱり、人のつむぐ物語と、旅がすき。 

 

だって、人生は出逢いの連続で

ひとは感動したら、表現せずにはいられないものだと思うから。 

 

 

わたしは、そろそろ

子どものころの夢を本気で叶えることに決めた。 

 

なぜ童話作家だったかというと、子どもには嘘が通じないから。

 

ファンタジーじゃなくて、今生きてるひとの人生にこそ

本物の夢があるんだってことを、描いていこうと思う。 

 

考えてみたら、わたしは人生をかけて、そればっかり見てきたんだもの。

 

これまでの経験は、そのためにあったんだと

点と点がいきなりつながった夜。

 

ペルセウス流星群を見上げながら、静かに、自分に宣言してみる。

 

f:id:hugheart:20160812233509j:plain

 

★【やさしい世界の招待状】メルマガ登録はこちらから→会員情報登録