いのちよおどれ。

自分を知るとは、いのちをしること。つまり、真理を知ること。

マドレーヌの便り

 

ひとは、美しい。 

 

とくに、なにも意図していないときほど

そのひとの生命力が浮き彫りになる。

 

今朝、窓の外をふと見ると

庭にたたずむ継母の姿。

  

f:id:hugheart:20160704064550j:plain

 

なんともいえない表情をしているのは、きっと

今日が父の命日だからだろう。

 

 

ひとのなにげない姿の背景には、人生がある。

 

当たり前のようでいて、忘れてしまいがちのこと。

 

ただ表面に見えるものだけでなく、それぞれの背景に

思いをはせられるひとでありたいと思う。

 

ameblo.jp

 

 

生前、父は彫刻を教えていた。

 

父の教え子さんで、毎年欠かさず命日に間に合うように

お手製のマドレーヌを山のように贈ってくれる方がいる。 

 

しっとりとちょうどいい甘さで、すごく美味しい。

 

f:id:hugheart:20160704064623j:plain

 

「先生がお好きだったから、お供えください。」

 

一年に一度、そう言ってお互いの無事をいたわりあう。

こんなに律儀にひとを思い続けること、わたしにはとてもできない。

 

生きていると、ほんとうにいろんなことがあって

日々の忙しさに紛れて忘れてしまうこともたくさんあるのに

大切にしてくれて、ほんとうにありがとう。

 

 

父の専門は、首から上を粘土で作る「塑像」と呼ばれる彫刻だ。


塑像とは、表面の造形を見るのではなくて

骨格を捉えていくこと、と聞いたのは今でも覚えている。


「本質を捉えよ。」

 

そう言葉で言われたわけじゃないけど、

結局、父はそういうふうに生きたんだなぁと思う。

 

家族から見たら、わがままな子どもみたいな人で

強烈なオレ様で、ほんと困った人だったけど。

 

 

うんざりするほど暑かったあの夏から、今年でもう18年。

 

家族だけじゃなくて、今もなお誰かのこころに生き続けるなんて

父はきっと思いもよらなかっただろうけど 

 

お父さんの人生は、幸せだったね。

 

 

今日は姉とお墓参りへ。 

 

ameblo.jp