いのちよおどれ。

あらたな視点を人生に取り入れる 透明な星よみをやっています。

012*いばや通信の坂爪圭吾さんがすき♡

 

はてなブログのみなさまには、もうお馴染みであろう

いばや通信の坂爪圭吾さん。

 

何が好きって、この人のことばの手ざわり感がなんともいえず好き。

 

1年半ほど前に、福岡に来るらしいという情報を得て逢いに行った。 

  

まずは、その時のFaccebook記事(2015.1.30)からそのまま引用。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 
逢ってみたかった人!
坂爪圭吾さんお話会。
 

f:id:hugheart:20160624181152j:plain

わたしの印象は…とてもニュートラルな方だなぁ、と。

なんというか…戦っていないのです。

...自分とも、他人とも、世界とも。

(わたしには、それが自由に見えた。)


「こうあるべき」という常識なんて、オレが破ってやるぜ!

みたいなファイティングポーズではなくて

(文章からは、ちょっとだけその匂いを想像してた)


「こうであってもいいんじゃないだろうか?」
という選択肢を増やすことにパッションを感じる

(静かだけど熱いパッション)


どこまでも自分に正直でありたいという空気を、
瞳から感じさせてくれる方でした。


会場となった港のカフェ・
リザード、本当に心地よかった!
主催のサッキーさん、素敵な時空間をありがとう♡ 
  
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
家なき子時代の坂爪さん、わたしも今とはかなりエネルギーが違う。
 
 
この時の坂爪さんをみて、わたしはまず
「樹みたいなひとだなぁ」と感じた。 
 
 
実は最初、ちょっとピリピリしたオーラを発してて
「オレに触れないでくれ!」みたいな繊細さを感じて
 
 
まっすぐな瞳を見たときに、なぜか無性に
「このひとは、インドネシア人のようだ」と感じた。
根拠は、まったくない。 
 
 
 
福岡では、数か所でお話会が開催されたのだけど
わたしはたまたま、それぞれの主催者と顔見知りだった。
 
 
で、坂爪さんがぼそぼそと
昨日はこんな空気感で、今日はこんな風になっちゃいました・・・。
 
 
と話すのを聞きながら、それが見事なまでに
その主催者さんのカラーを表していることに感心して、
あぁこの人はほんとうに「素」で生きてるんだなってことを確信した。 
 
 
しょっちゅう動向をチェックしてるわけではないのだけど
そんな坂爪さんが、明日からまた福岡に来るらしいという情報を得て
 
 
1年半前の自分と今の自分がまるで違うように
1年半前の坂爪さんと今の坂爪さんをどう感じるのかが楽しみで
逢いに行くことにした。 
 
 
逢ってから感じたレポをあげたほうがいいのかもしれないけど
これがきっかけで坂爪さんに逢いに行く人が一人でもいるなら
それもいいご縁かもと思って、今回は行く前に書いてみることにした。 
 

坂爪圭吾さんお話会(19時~21時)

 

いやー。すごく楽しみだ♡ 
 
 
人生は続く。
 
 
 
 
クービック予約システムから予約する