いのちよおどれ。

あらたな視点を人生に取り入れる 透明な星よみをやっています。

ひとはもっと図々しく生きていいんだと思う。

 

10年ほど前、ベトナムに住んでいたことがある。 

 

青年海外協力隊で、日本語教師として2年間赴任した。

 

ベトナムの人たちは、とにかくエネルギッシュで 

人との関わり方が家族のように親密だ。 

   

とくに、日本人の感覚からすると 

ほんとうに距離が近い。  

 

 

初対面の挨拶で、矢継ぎ早に

 

「名前は?年いくつ?

結婚してるの?子どもは?

どこ住んでるの?

仕事は?給料高い?」 

 

おいおい。そこまで聞いてどうすんの?

ってくらい聞いちゃうのが当たり前な文化。

 

おせっかいで知りたがりだけど

「わたしは、こうしたい。」と自分の意思を伝えると

「あっそう。」と、拍子抜けするほどさらっとしてる。

 

f:id:hugheart:20160620123607j:plain

  

赴任したばかりのころ、わたしは頼まれごとを全部引き受けていた。

 

通常の業務以外で、イレギュラーに頼まれるのは

同僚の日本語教師たちがベトナム語から日本語に訳した文章を

日本人から見て不自然じゃないかどうか、チェックする仕事が多かった。 

 

一つ一つは大した分量ではなくても、日越企業の契約に関わるような文書や

大使館に提出するような公文書もあり、さらりと流し読みできるものではなかった。

 

 

ほかに日本人はいないから仕方ない。

 

そう思って引き受けていたけど、そもそも専門分野外の文書だし

何しろ、わたしはまだベトナム生活のリズムができていない頃で

わたしにとって、この仕事は精神的なプレッシャーが大きかった。

 

あるとき、同僚からまた急ぎの仕事を頼まれたけど

もう。なんでいつも、こんなギリギリに言うんだ!と腹が立ち 

 

「わたしも、明日の授業の準備がまだ終わってないから、できない。」

 

と、思い切って断ってみた。

 

当時のわたしにとっては、ものすごく勇気がいった。

 

 

そしたら、まったく悪びれもせずに

「じゃ、一週間後でもいいよ。」

と返ってきて、びっくりした。 

 

 

はぁ~っ???

あんたさっき、明日提出って言ったやん!

急ぎやないやんかっ!!

なら、最初から一週間後って言ってよーーー(>_<)!!!

 

・・・と、こころの中で叫んだ。

 

 

買い物ひとつとっても、売り手と買い手が駆け引きしながら

交渉を重ねて折り合いをつけていくという文化だ。

 

大真面目に、言われるがままに、文句も言わず引き受けて

無理してこなしてた、わたしのほうがバカだったんだ。 

 

 

あ。同僚の名誉のために言っておくけど!

 

彼らのコミュニケーションの根底には 

 

「本人の事情は、本人にしかわからない。

 

だから、

できない時は、できない!

って、本人が表現するはず。」

 

という相手への信頼がある。 

まぁ、「自己責任」ともいうけどね。

 

 

だから、自分の希望を伝えたうえで、相手の希望をくみ取りつつ

着地点を見つけていくという、やりとりの手間を惜しまない。 

そうやって、お互いの納得する位置にたどり着くことが喜びなんだ。

 

赴任当初のわたしには、そこがまるで見えてなかった。

 

相手の立場を察しおもんぱかって…という日本的感覚は

たしかにないんだけど、それはやっぱり文化の違いで、

どっちがいい悪いって話じゃないんだ。

 

まぁ、はじめのうちに気づいて、ほんとよかった。

 f:id:hugheart:20160620115123j:plain

 

去年の3月に、ベトナムを再訪した。

 

日本語教師時代の上司である、ハノイ国家大学の先生方は

まったく変わらないあたたかさで、家族のように迎え入れてくれて

それが、ほんとうにほんとうに嬉しかった。 

 

「もう、日本語を教えてないの?」と聞かれ

 

あれから心理学を学んで、カウンセラーになったんだと話すと 

 

「そういう仕事は、必要とされているんだと思う。

でも、まだまだベトナムではビジネスとして成り立たないわ。

だって、家族に相談するのが当たり前だから。」 

 

と、もっともなことを言われて、笑ってしまった。

たしかに、ベトナムではなぜか、人が悩みを深刻に抱えてるイメージがない。

 

状況的に、ものすごく大変そうに見える場面でも

なんだかみんな、明るくからっと笑っていて

生きるエネルギーにあふれている。

 

 

社会情勢も、文化も歴史的背景も、人の気質も距離感も違うんだもの。

どっちがいい悪いという二元論では話したくない。

 

けど、わたしは、ベトナムの人たちの人との接し方や

あっけらかんとしたコミュニケーションスタイルが

なんだか人として愛らしく感じて、とても懐かしい。 

 

f:id:hugheart:20160618210325j:plain

 

ハノイの発展はものすごく、ピカピカのショッピングモールもあり 

 

そのすぐ隣には、お風呂イスを並べたローカルな露店が並び

天秤棒を持ったおばちゃんも、やっぱり健在だ。 

  

あぁもう、この人たちの生命力には、とうていかなわない。  

 

彼らのたくましさやしたたかさに、時に悔しい思いもし 

タクシーの運ちゃんにぼったくられては文句を言い

でも、わたしはほんとうに助けてもらってきた。 

 

あのころ、遠慮なんかしてたら、生きていけない!

 

わたしもずいぶん厚かましくなったつもりでいたけど

今もなお、身近な存在にほど遠慮してる自分を発見して

なんだか急に、ベトナムの人たちのことを思い出した。

 

わたしの中で、ベトナムの人たちのイメージは

とにかく人間くさくて、

「ひとのあったかさ」と直結している。

 

蒸し暑いベトナムでは、2時間ほど街じゅうが昼寝する習慣があって

大きなベッドにみんなでゴロンと横になり並んで眠ってた。  

 

もしかしたら、今はもう薄れてるかもしれないけど。

   

 

いや。だって、脳みそとけそうなくらい暑いもんだから

その時間帯は店も全部閉まって、街じゅうしーんと静まりかえる。

家族も、友だちもみんな、一眠りしてからまた仕事を始め、 

眠ってた街が一斉に動き出す。

   

 

これを書くまで、本当にすっかり忘れてたんだけど…

 

あの光景は、街じゅうがみーんな昼寝してるんだから

あんただって、無防備に眠っちゃっても大丈夫だよ!

という「安心感の象徴」のような気もする。

 

 

朝から晩まで、休まずに働くのが当たり前って、それほんと?

 

常識なんてものは、けっきょく自分の思い込みでしかなくて

何を採用するか決めているのは、自分自身なんだ。

 

あの、あっけらかんとしたコミュニケーションを

今のわたしは、もうちょっと見習おうかしらと思ってるの。

 

  

クービック予約システムから予約する