いのちよおどれ。

あらたな視点を人生に取り入れる 透明な星よみをやっています。

ふりかえり星よみ2017.10.22-23~金星と火星と海王星~

 

金星はヴィーナス ♀

火星はマーズ ♂

 

『男は火星から、女は金星からやってきた』

なんて異性間コミュニケーションの本もありましたね。

 

 

男性は問題解決を求め

女性は感情のシェアと共感を求める

 

とかなんとかは、ほんの一例で

異性=異星人 くらいの差があるって話を

初めて聞いたとき、わたしは思ったね。 

 

もぉ…早く教えてよっ!! 

 

世の中の半分が異性なんだからさー

すごい大事なことだというのに 

肉体のみならぬ精神的な男女差って 

目には見えないからこそ厄介だわと。 

 

f:id:hugheart:20171007150019j:plain 

 

で、直近の星の会合はこんな感じ。

 

2017.10.22 18:15ごろ 

金星火星の結び

 

2017.10.23 01:15ごろ

金星海王星の開き

 

2017.10.23 19:15ごろ

火星海王星の開き

 

金星と火星が一体になった後

それぞれが海王星と180°で向かい合う星のめぐり。

 

 

以前のわたしなら、これを

 

男性性と女性性の統合を経て

神秘的なものを感じ満たされ

神秘に向かって行動していく

 

とか読んじゃってたかもしれない。 

 

 

いや。

それもあながち外れてはないと思うんだけど 

なんだかアタマでこじつけてる気もしちゃうし 

 

なんというか、もっと内側の奥のほうで静かに

ぐわわんと動き続けてる感覚があったので

リアルに体感してから言葉を紡ごうと思ったのです。

 

f:id:hugheart:20171024131319j:plain

 

わたしの体感としては、22日夕方から

大型台風の影響でものすごい風が吹き荒れ

屋根のあるところに守られている有り難さを

しみじみと感じてた。

 

 お天気ってものすごいね。 

こういう嵐の夜には、ふだんは意識にのぼりにくい 

屈強なシェルターの存在(火星的)

その内側のぬくもりや柔らかさ(金星的)な対比が

くっきりと浮かび上がる。

 

 

翌朝、風はまだ少し吹いてたけど

以前から予定していたイベントでお山に登る。 

 

f:id:hugheart:20171024190343j:plain 

 

嵐が通りすぎたあとのお山は

道に落ちた小枝の山や倒木たちが 

台風の威力を物語ってて

 

なんとも言えない空気を感じながら、歩く。

 

f:id:hugheart:20171024132132j:plain


  

伝わるかなー

 

金星と海王星の開きと

火星と海王星の開きって 

 

理屈を超えて、思わず近づいていって触れてしまう

こんな感じなの!!

 

f:id:hugheart:20171024132216j:plain

 

 

どこまでがわたしで

どこからがあなたか 

 

どこまでが見えるもので

どこからが見えないのか 

 

何かと区切りをつけることが

わたしたちを守ってくれていた 

そんな場面もたしかにあった。  

 

けど わたしたちは時に

境目なんて気づきもしなかった!

というくらいに惹かれあい

なにかを越えてしまうときがある。 

 

思わず触れてしまう

そこに理由なんてないんだ。 

 

f:id:hugheart:20171024190541j:plain 

 

理屈なんかじゃない。

どうなるか?結果なんて見えないままに

進んでいってしまう止められない感覚。

 

わたしの内側の奥のほうで渦巻くものを感じていると

違いに惹かれる熱とともに

気がつくと、境目を越えていってしまう引力 

 

その感覚が以前は怖くてしょうがなかったのに 

今は、生きてる! 

って感じてるわたしです♡

 

f:id:hugheart:20171024131450j:plain

 

みなさんは、星の影響を感じましたか?

よかったら、ぜひ聞かせてくださいね^^

 

 

クービック予約システムから予約する