読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いのちよおどれ。

自分を知るとは、いのちをしること。つまり、真理を知ること。

失敗を認めるほろ苦さとともに、ひとは成長する。

 

生きていると、いろんなことがあって 

 

わたしたちはよく、道を間違える。 

 

 

他人のことなら、よくわかる。

 

あーあーもう、こうすりゃいいのにねぇ・・・

ほら、そっちじゃないよ!こっちこっち!! 

 

なーんて思うんだけど

 

 

自分のこととなると、まるでわからず

同じことを何度も繰り返してしまうものだ。

 

 

つい先日も、信頼していた人の見えていなかった一面を見て

少なからずショックを受けるようなできごとがあった。 

 

だれだって失敗はする。 

どんなに優れた人だって、間違うこともあるよ。

にんげんだもの

 

 

けど、何がかなしいって

 

「自分は、間違ってなんかいない!」

 

と正当化している間は、ひとは変われないんだ。 

 

 

保身に走るその姿をみて、思ったの。 

 

あぁ。わたし、間違ってたわ!   

       

って自分で気づいて

新しい道を探していけるやわらかな心には

ほんとうに希望があるなぁって。

 

 

美女と野獣のテーマソングに

わたしのだいすきなフレーズがある。

 

 

♪ 自分の間違いを知って

自分が変われるのに気づくのは

ほろ苦くて 不思議な気持ちだけど ♪

 

youtu.be

 

よかれと思って、

今まで自分ががんばってきたことが

間違いだったかもしれないと気づいたとき

 

悔しくてやるせなくて、歯ぎしりするような

地団駄をふんで、神さまにケンカを売るような

そんな気分を何度も味わってきた。 

 

わたしも、かなりの頑固者だから(笑)

 

 

だって、そりゃ下手なやり方だったかもしれないけど、

当時の自分なりに、精いっぱいやってきたんだもの! 

 

そうやって自分の正しさを主張している間は

当然ながら、その下手なやり方を変えられないから

人生は停滞し、どうにも苦しいまんまだった。 

 

 

ミスは訂正できる。

 

だからいくらでも、失敗していいと思う。

ひとは、立ち直れる強さを持っているから。 

 

 

下手だろうがなんだろうが、自分なりに精いっぱいがんばった

あのころの自分の道のりを、まるごと認めていくと 

過去の自分が、今の自分を後押ししてくれるようになる。

 

これ、ほんとうだよ!

 

f:id:hugheart:20160604215838j:plain

  

そして、より幸せになれる道があると知ったなら・・・

 

自分のやり方にしがみつくのをやめて

新しい道を選べるしなやかさを持ちたい。

 

間違ったと思ったら、いつだって軌道修正できるんだもの。 

 

その瞬間はたしかに、少しほろ苦くて不思議な気持ちだけど・・・ 

ひとは、そうやって成長していくんだ。