読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いのちよおどれ。

自分を知るとは、いのちをしること。つまり、真理を知ること。

欲しいのは、静けさ。

 

最近、逢う人逢う人が口にする。 

 

瞑想

ヨガ

断食

デトックス 

 

・・・その他もろもろ。 

 

 

わたしね。

こころの学びを本格的に初めたのが2009年夏

ってことは、7年前!!

 

・・・しばし遠い目をしてしまう。 

 

えっとね。

その当時、カウンセリングとかスピリチュアルとか

瞑想とかは、もうほんっと市民権を得てなかった!

少なくとも、わたしの周りの世界では。 

 

だってね。2008年のはじめに、わたしはベトナムから帰国して

意を決して、心理学のセミナーに行ってみたのよ。 

 

その時、「もし、知り合いがいたらどうしよう?」

「そして、病んでると思われたらどうしよう?」

って、かなりドキドキで会場に行ったのを覚えてるもの。 

 

まぁ、それがよ!

2016年6月の今現在がどうかっていうとさ。

ずいぶん、違うよ。 

 

わたしは正直、心理学を極めたなんて未だ言えないレベルだけど

自分を探求することが、ただただ楽しくてここまで来てしまった。

 

 

でね。

 

今、みんなが口々に言うメソッド。

それが目指してるところは何かっていうとね。

 

こころの静けさなの。 

 

それくらい、日々こころがざわざわしてるんだ。

 

隙間なく、どーでもいい情報が入ってきて

わさわさわさわさする。

 

それ、80%は あなたの人生にいらんもんやけん!

 

と、わたしが叫んでも、あんまり効き目がないくらい

ノイズだらけの世界で、人は生きてる。

 

人は、こころ穏やかに生きたいんだ。

 

 

あーーーー。

こういうこと書くと、批判してるように感じる人も

いるかもしれないけど、わたしの意図はそこにない。 

 

自分がね、ほんとにほんとに欲しいものって

いったい何なんだろう? 

 

って、自分に問うには、静けさが必要なんだ。

ワクワクを感じるための、静けさとも言える。 

 

 

使い古された言葉かもしれないけど

答えは自分の中にある。

 

いや。自分の中にしかない!! 

 

 

静寂の中で、自分自身に問う。

 

感じとるには、死んだような無感覚の状態から

みずみずしい感性を取り戻す必要がある。 

 

答えが即、出る出ないにかかわらず、

そこに向かうプロセスは、とても豊かな時間だとわたしは思う。

 

ameblo.jp