いのちよおどれ。

自分を知るとは、いのちをしること。つまり、真理を知ること。

ときぐすり~時間はともだち~

 

きのうは、チキンカレーを作った。 

 

2日目のカレーが美味しいからと、ちょっとたくさん作りすぎた(笑)。 

 

 

時間が美味しくしてくれる料理がある。 

 

ことこと煮るおでんやポトフ 

果実酒や梅干しやお味噌なんかもそう。

 

仕込んでから、時間にまかせることで

熟成されてうまみが出る。 

 

 

そんな時間の魔法は、こころにもきく。

 

こころが張り裂けそうなとき

物理的には、やぶけてなくても

そこに痛みがあるのは、ほんとうのこと。 

 

世の中には、癒しの手法が山ほどあるから

最先端のものを片っぱしから試してみたっていい。 

 

 

けど、静かにそっと手をあてて

やさしくやさしくハートに触れて

あとは時間にまかせるしかないときもある。

 

ときぐすり、っていうの。 

 

 

わたしもね。

 

大急ぎで先に行きたくて

焦って無理してもがいて傷をこじらせて

ずいぶんお世話になった。  

 

でも、今、よくわかる。 

 

あのころのわたしは、時間と戦ってた。

 

いついつまでに、何かをなしとげなきゃ!

遅れを取り戻さなきゃ!

大逆転をねらわなきゃ!って

 

必死になって

この痛みを、この現実を受け入れることから

逃げてただけだったの。

 

下手なやり方だったなぁと恥ずかしくなるけど

ただただ、必死に生きてただけだった。 

 

だから今は、そんな自分が健気でかわいいと思える。

 

 

大丈夫だよ。

時間はあなたのともだちだから。

 

時を重ねて

このうえなく美味しい果実酒が熟成するように

 

今はどんなにもがいていても 

あなたが笑える日が来るのをちゃんと知っている。  

 

できあがったら、乾杯しようね。

 

youtu.be

 

「奇跡を望むなら 泣いてばかりいないで

幸せにはふさわしい笑顔があるはず」

  

愛する人との別れは、身を切られるようにつらいけど 

 

だったら、出逢わなければよかったかと問われると 

そんな人生は、わたしの人生じゃないと思う。 

 

ときぐすりが、そう思わせてくれたんだ。

 

出逢えたことが奇跡なら

 

縁あって目の前にいてくれる人を

一緒にいれる今を、精いっぱい愛そう。