いのちよおどれ。

あらたな視点を人生に取り入れる 透明な星よみをやっています。

自分とタッグを組む

 

今朝、なぜか急に思い出した

わたしにとっては当たり前にあった

昔なじみの感覚。 

 

 

3年くらい前だったか

聞き方を学ぶ、あるワークショップの最中に

その感覚はいきなりやってきた。

 

f:id:hugheart:20171113105258j:plain

 

少し先にいる、椅子に座っている相手に

歩いて近づいていって、その隣に自然に座る。

 

座っている相手は、どんな感じがしたかシェアする。

ただそれだけの、シンプルなワークだった。 

 

 

 

相手に波長を合わせるのは得意なほうだし

一緒にいる仲間も、知らない相手ではない。 

 

 

なのに、その時のわたしは

いつになく緊張して、自然に歩けない。 

何度やっても、どうしてもできなかった。

 

 

うまくいかない

うまくいかない

うまくいかない・・・

 

ストレスがMAXに達したわたしは

思わずその場にしゃがみこんで

ついには泣き出してしまった。 

 

 

あぁもうイヤだ!

これ以上できない!!

 

わたしは・・・

人に近づくのが、怖い! 

 

 

出てきた言葉に、自分が一番驚いたけど 

 

それはたしかに、長い長い間

無意識にあった思いだった。 

 

いつも人に囲まれているようなイメージの

わたしを知る人は

もしかしたら、びっくりするかもしれない。

 

f:id:hugheart:20171113104656j:plain

 

幼少期、身体の大きい父親が、

何の前触れもなく、機嫌が豹変するのが

わたしはほんとうに怖かった。 

  

 

なぜ怒られるのか?

わたしの何が悪かったのか?

 

前後関係がまるで理解できなくて 

 

 

わたしは自分の言動を

いちいち振り返っては

 

「これでよかったかな?」

「こう言えばよかったかも」

「大丈夫かな?怒られないかな?」と

何度も確認するクセがついてしまった。 

 

 

 

実際は、わたしの言動とは関係なく

父は感情を発散する人だったので

 

確認したところで、どうしようもないのだけど

そうすることで、気持ちを安心させていたのだと思う。 

 

 

それでも、末娘のわたしは

父に可愛がられていることも感じていて

わたしは「怖がっている自分」をひた隠しにした。

 

 

お父さんに近づくのが、ものすごく怖い。 

けど、それは決して言ってはいけない気がして

怖がる自分を押しこめて、平気なフリをすることにした。

 

 

それが、幼いわたしなりの

けなげな愛のカタチだったのです。

 

 

それも、時間をかけて癒してきたつもりだったけど

「怖い」という感覚は、なくなったわけじゃなくて

ずっと体に記憶されてたのね。

 

f:id:hugheart:20171113104805j:plain

 

 

そんなふうに

こころの内側を見ていくと 

 

思いがけないタイミングで

 

わたしの中に

こんなものがあったなんて!

 

と驚くような気持ちを発見することがある。 

 

 

それは、今いきなり生まれたのではなくて

長い間おさえこんで、ないことにしてきたものが 

 

ようやく日の目をみるときが来たというサインで 

 

多くは、今なら受け入れられるという 

余裕成熟さの表れだったりもする。 

 

 

 

今朝、目が覚めたときにふと思った。

 

そういえば、わたし自分の言動を振り返っては

「これでよかったかな?」と

くよくよ引きずることがなくなったなぁ…と。 

 

 

怖がりで、できるだけ危険を避けようとするわたしと

行きたい方向に果敢に向かっていくわたしは

 

今ではけっこう仲よしで、どっちかを潰すことなく

お互いに話し合って、行き先を決めている。 

  

 

あれから、何をやったからどうなったという経緯は

正直、もう思い出せないのだけど 

 

自分の中にたしかにある

わたしの一部を、もう隠さなくてもいいんだ!

と気づいたあの瞬間は

大切な一歩だったなぁと思う。

 

f:id:hugheart:20171113105123j:plain

 

あれもわたし

これもわたし

 

 切り離そうとした自分を見つけては、ひとつになる。

そもそも、自分をないことになんてできないんだ。

 

 

自分の中にいろんな要素があるんだって

ひとつひとつ、深く気づいていくのは

実はとても豊かな体験だと思う。 

 

 

そして、魂はそれを求めているとも思うから

必要とする人のサポートしていきたい

と、わたしは今改めて思う。

 

 

いろんなあなたが日の目を見て

タッグを組んで歩んでいけますように。

 

 

みんなあなたのチカラになりたいんだよ♡

 

人はみんな支え合って生きている。 

 

たった一人で生きているような気でいても

ほんとうは一人でなんか生きられない。  

 

頑張り屋さんのお客さまから、嬉しいメッセージが届きました。 

(ご本人の許可をいただいて掲載しています) 

  

 

f:id:hugheart:20171104122258j:plain

 

 

多分こんなにちゃんと言えたのは

生まれて初めてです

 

この言葉に、わたしのほうがウルっときました。 

  

 

本音を伝えるって、けっこう難しい。

受け入れてもらえなかったら…また傷ついたらどうしよう?

って、怖くなってしまうものです。 

 

 

この方の場合、余裕がない状況が重なりつつもなお

「一人で生きていけるようにならなきゃ!」

とさらに自分を追い込んでいました。 

 

 

お仕事の話を進める前に

根っことなる、お父さんとの関係を

ひもといていったんですが 

 

話を聞けば聞くほど

 

お父さん、好きで喧嘩してるわけじゃないよなー

娘のチカラになりたくて、もどかしいんだろうなー 

 

って感じたのです。 

 

 

表面的には、ぐちゃぐちゃに絡まって見えることも 

安心できる場所で、時には誰かのサポートを得ながら

丁寧に見つめていくと、糸口はちゃんと見つかります。

 

 

頑張りつづけて、スネてしまった自分を認めて 

でも、長年そのやり方では上手くいかなかった事実も認めて

押しこめてきた自分の本音としっかりつながったうえで 

 

お父さんに素直な気持ちを伝える 

 

という宿題を、この方は、ちゃんと実行しました。  

 

 

f:id:hugheart:20171104122315j:plain

 

全部素直に話したら、

そうじゃなそうじゃなって、聞いてくれました。 

 

うんうん。そうでしょー! 

 

だってこのお父さん、

頼られると俄然チカラが出るタイプだもん!

 

個人的な話だったので、ここでは割愛しますが

お父さんに援助してほしい内容を具体的に伝えて

お父さんの思いもしっかり聞くことができました。 

 

 

あ。そうそう。

わたしこの方に、注意点として念押ししたことがあるのです。

 

 

それは

「今まで言えなかったことを素直に伝える」

自分のチャレンジのみに集中すること。 

 

 

わたしたちはねー

ついつい、ドラマのような展開を期待しちゃうんですが 

相手がどう感じ、どんな反応をするかは

やってみないとわからないものです。 

 

 

顔を見るたびにいつも喧嘩してた娘が 

急に「助けてほしい」って言いだしたら

お父さんびっくりして、照れちゃうかもしれないよね。 

  

そこで、傷つかないでほしいのです。

単なるリアクションに、一喜一憂して

またハートを閉じてしまわないでほしいのです。 

 

 

もし、お父さんが予想外の反応をしたとしても 

たとえ、上手に言えなかったとしても

今までのパターンを変えることに挑戦したことが大事なの。

「勇気出して、言えてよかったわ~」を目指してね!

って、何度も念押ししました。

  

 

ゴールは見えないまま、 まずは一歩進んでみる。

この姿勢、わたしはとても大切だと思っています。 

 

わたしにはわたしの思いがあるように

相手には相手の感情がある。

どう感じるかは、わからないもの。 

 

それでも

あなたとは本音で話したいんだ 

って、こちらが腹をくくると、ちゃんと響く。

 

 

あなたが頑張っている姿、みんな見てるよ。

みんな知ってるよ。

 

「わたしは今、余裕がないから、助けてほしい。」 

 

その言葉を待っている人も

あなたの周りには、きっといると思うんだ。 

 

武装解除して、素直になってみよう。

 

世界は敵じゃないんだ。 

 

みんなあなたのチカラになりたいんだよ♡

 

f:id:hugheart:20171104121905j:plain

 

助け合って、支え合って、生きていこう♪

 

 

 

★あなたも仲間になりませんか?

オンラインで学べる☆無料講座

星と心がつながる講座 

次回は11月24日スタートです♪

 

 

 

ふりかえり星よみ2017.10.22-23~金星と火星と海王星~

 

金星はヴィーナス ♀

火星はマーズ ♂

 

『男は火星から、女は金星からやってきた』

なんて異性間コミュニケーションの本もありましたね。

 

 

男性は問題解決を求め

女性は感情のシェアと共感を求める

 

とかなんとかは、ほんの一例で

異性=異星人 くらいの差があるって話を

初めて聞いたとき、わたしは思ったね。 

 

もぉ…早く教えてよっ!! 

 

世の中の半分が異性なんだからさー

すごい大事なことだというのに 

肉体のみならぬ精神的な男女差って 

目には見えないからこそ厄介だわと。 

 

f:id:hugheart:20171007150019j:plain 

 

で、直近の星の会合はこんな感じ。

 

2017.10.22 18:15ごろ 

金星火星の結び

 

2017.10.23 01:15ごろ

金星海王星の開き

 

2017.10.23 19:15ごろ

火星海王星の開き

 

金星と火星が一体になった後

それぞれが海王星と180°で向かい合う星のめぐり。

 

 

以前のわたしなら、これを

 

男性性と女性性の統合を経て

神秘的なものを感じ満たされ

神秘に向かって行動していく

 

とか読んじゃってたかもしれない。 

 

 

いや。

それもあながち外れてはないと思うんだけど 

なんだかアタマでこじつけてる気もしちゃうし 

 

なんというか、もっと内側の奥のほうで静かに

ぐわわんと動き続けてる感覚があったので

リアルに体感してから言葉を紡ごうと思ったのです。

 

f:id:hugheart:20171024131319j:plain

 

わたしの体感としては、22日夕方から

大型台風の影響でものすごい風が吹き荒れ

屋根のあるところに守られている有り難さを

しみじみと感じてた。

 

 お天気ってものすごいね。 

こういう嵐の夜には、ふだんは意識にのぼりにくい 

屈強なシェルターの存在(火星的)

その内側のぬくもりや柔らかさ(金星的)な対比が

くっきりと浮かび上がる。

 

 

翌朝、風はまだ少し吹いてたけど

以前から予定していたイベントでお山に登る。 

 

f:id:hugheart:20171024190343j:plain 

 

嵐が通りすぎたあとのお山は

道に落ちた小枝の山や倒木たちが 

台風の威力を物語ってて

 

なんとも言えない空気を感じながら、歩く。

 

f:id:hugheart:20171024132132j:plain


  

伝わるかなー

 

金星と海王星の開きと

火星と海王星の開きって 

 

理屈を超えて、思わず近づいていって触れてしまう

こんな感じなの!!

 

f:id:hugheart:20171024132216j:plain

 

 

どこまでがわたしで

どこからがあなたか 

 

どこまでが見えるもので

どこからが見えないのか 

 

何かと区切りをつけることが

わたしたちを守ってくれていた 

そんな場面もたしかにあった。  

 

けど わたしたちは時に

境目なんて気づきもしなかった!

というくらいに惹かれあい

なにかを越えてしまうときがある。 

 

思わず触れてしまう

そこに理由なんてないんだ。 

 

f:id:hugheart:20171024190541j:plain 

 

理屈なんかじゃない。

どうなるか?結果なんて見えないままに

進んでいってしまう止められない感覚。

 

わたしの内側の奥のほうで渦巻くものを感じていると

違いに惹かれる熱とともに

気がつくと、境目を越えていってしまう引力 

 

その感覚が以前は怖くてしょうがなかったのに 

今は、生きてる! 

って感じてるわたしです♡

 

f:id:hugheart:20171024131450j:plain

 

みなさんは、星の影響を感じましたか?

よかったら、ぜひ聞かせてくださいね^^

 

 

クービック予約システムから予約する