いのちよおどれ。

あらたな視点を人生に取り入れる 透明な星よみをやっています。

感性は教えられるのか?

 

かつて 美術を学んでいました。 

 

他の人よりもちょっと抜きんでてるものを

自分なりに見ていったときに

どれもこれも 本当に自信がなく

 

わたしには 感性しか残らなかったのです。 

 

 

絵の技術は ほんとうにお粗末なものでしたが

アートの世界に触れるのは だいすきでした。

 

  

f:id:hugheart:20171014163844j:plain

 

実は 建築家に憧れてたのだけど

 

どう考えても 理系のアタマは持ち合わせてなくて

わたしは空間デザインを学ぶことにしました。 

 

 

才能も それほどパッとせず

まじめな学生でもありませんでした。

 

 

空間と光の関係性がすきで

照明器具のメーカーに就職しました。 

 

 

研究室の先生に 念のため美術教員の免許を

とっておいたらどうだと薦められたとき

わたしは 先生にたずねたのです。

 

 

先生。すごく生意気な質問かもしれませんが 

美術って 教えられるものなんでしょうか? 

 

技術的なものは 教えられたとしても

センスを教えることなんて 

実際は できないんじゃないでしょうか?

 

 

研究室の先生が言ったことは 今でも覚えている。

 

 

僕らの役割はね。

 

こんなに美しい世界があるのだと

可能性の扉を できるだけたくさん

示してやることなんだ。 

 

 

限られた時間の中で ほんの入口しか紹介できないけど

それぞれの扉の向こうに 奥深い世界が広がっている。

 

扉を開けてみて どの道を歩むかを

決めて歩んでいくのは 本人にしかできない。 

 

途中で引き返すかもしれないし

道を違える者もいるかもしれないけど

 

その出逢いの質を高めること

扉の向こうの豊かさを どこまで伝えられるかが

少し先に生きている 僕らの仕事なんだよ。

 

 f:id:hugheart:20171014164108j:plain

 

その先生は とにかく本物に触れろと言い続けた人だった。

うるさいくらいに。

 

 

あそこのホテルラウンジにはデザイナーの椅子があるから

見るだけじゃなくて ちゃんと座ってこい。

 

あの建築物は見ておいたほうがいい。

あの寺にはもう行ったのか。

 

自分の足を運べ!

自分の目で見てこい!

ちゃんと触れて感じろ!

 

 

本物を見ずに語るな!

 

 

結局 教員免許は取らなかったけど

先に生きているから「先生」という話に

わたしは感動した。

 

 f:id:hugheart:20171014164154j:plain

 

先生は 中国の山岳地帯に住む 

少数民族のライフスタイルも研究していて

何度も現地に足を運ぶ姿は説得力があった。

 

 

感性をはぐくむのは 

たしかに自分なんだけど  

 

指南してくれる人との出逢いは

やっぱり大切だと いま改めて思う。 

 

 

今週の星のささやき★2017.10.9~10.15

 

水星が活発な一週間なんですが・・・

中でも、木星天王星の存在感が際立っているように

わたしは感じました。 

 

木星は人との繋がり、みんなで、学び合い、広がっていく…

天王星は変化・変容、固着の破壊、宇宙の想いをカタチにする…

といった意味を持っています。 

 

気づきや理解、情報伝達をつかさどる水星

地球~天王星木星

と、順番こにつながっていくのだけど

 

 

これはさらに、来週の

自分の人生、あり方の変容

にもつながっていて、とても大きな流れを感じます。

 

 

そしてね。

今週の流れは、単なる直感的な気づきにとどまらず

金星の感動がずーっと響いていて

じんわりと深まっていく理解を支えてくれています。 

 

f:id:hugheart:20171013171214j:plain

 

手を繋ごう

たことのない景色

純粋に見てみたい 

 

遠くまで出かけるのも

もちろんステキなんだけど 

 

見慣れたいつもの景色が

たことのない景色に

一瞬で変わっちゃった

 

キミが魔法を使ったの?

そう尋ねても

キミはだまって微笑むだけ 

 

f:id:hugheart:20171013170838j:plain

 

わたしは、ミーティングなども含めて

 

ずーっと

新しい社会について

人と話してた1週間だったなーって感じます。

 

これは、天王星の要素、そして

それを実現できる仲間との繋がりが深まっていく

木星のはたらきも強かった気がします。 

 

 

 今までの延長線上じゃない

まだカタチにはなってないんだけど

もう種はとっくに蒔かれていて 

 

毎日欠かさずに

水も光も注いでるから

栄養をぐんぐん蓄えた

 

それぞれの人の内なる種は

どんな花が咲くかなんて見えなくたって 

 

確固とした意志を持っている 

その種が 互いに呼び合って 

導かれるように人が集まるもんだから

 

パッと見はみんなバラバラなくせに

言ってることも思ってることも

なーんだ一緒やんか!

って意気投合しちゃう感じ。

 

f:id:hugheart:20171013170927j:plain

 

わたしの星周りは、木星はそんなに強くないけど

サポート的な役割を持っていて 

 

人と人をつなぐ縁結び的な役割は 

人生のわりと早い時期から

気がつくと、けっこうやってきてた。 

 

意外かもしれないけど

星との縁がそれほど強くない繋がりのほうが

早くから才能を発揮しやすかったりして

経験値も高いので、気負わずさらりとできるのよ。

 

わたしにとって、木星さんはそんな感じで

たぶん木星さんからみても

わたしは使いやすい存在だろうなって思う。

 

 

この一週間、いろんな気づきがあったでしょう。

 

それらはきっと、深いところで

自分がどんな人間関係を求めているか?

を理解することにつながっていたのではないでしょうか?

 

 

さらに詳しく知りたい方は

解説動画をチェックしてね♪

 

★10月9日水星と地球の開き

www.youtube.com

 

★10月12日 水星と天王星の開き

youtu.be

 

★10月14日 水星と木星の結び

www.youtube.com

 

来週もお楽しみに♪

 

木星蠍座入りってどういうこと?2017年10月10日

 

秋の夜長に星を眺める機会が

増えてきたという方も多いかもしれません。

 

今日は

 

木星蠍座入りってどういうこと?

 

というご質問をいただいたので

太陽中心のヘリオ的視点から解説してみますねー♪

 

※西洋占星術の解釈とは異なるので、ご了承ください^^

 

f:id:hugheart:20171010140551j:plain


 わたしが活動に取り入れているのは 

 

太陽中心のシンプルな星よみ で 

 

実は、西洋占星術の知識はまったくありません。

 

なので、今日はわたしにもわかるような

とっても初歩的な解説しかできません。

 

 

ちょっと複雑でわかりにくく感じてしまう星よみも

太陽系からの視点を上手に取り入れていくことで

日常に気づきをもたらすことができると実感しているので 

 

宇宙のリズムをリアルに体感する

一つのツールとして、紹介していきたいなと思っています。

 

よろしければ、おつきあいくださいね♪

 

 

まずは、本日2017年10月10日の

ヘリオセントリック(太陽中心の)盤面がこちら♪

  

f:id:hugheart:20171010164146j:plain

分かりやすくするために、太陽と、木星の位置だけ

オレンジ色でマーキングしています。

 

グリーンは地球の位置です。

西洋占星術で使うホロスコープは、地球からみた天体なので

盤面上に地球が現れるのは、ヘリオの星よみの特徴でもあります。

 

 

木星の公転周期は、11.86年

 

つまり

木星は約12年かけて太陽の周りを1周します。

ここ大事なポイント! 

 

地球が太陽の周りを12周する間に

木星は太陽の周りを1周するのです。

 

ここまでは、OKかな?

 

 

では、視点をさらに広げて、太陽系の外側も見てみましょう。

f:id:hugheart:20171010123234p:plain

出典:Astro Arts

 

 

地球から見た太陽の通り道(黄道)上にある

大きな星たちをまとめたものが、星占いでおなじみの黄道12星座です。

 

メソポタミア起源と言われる12星座は、少なくとも

約2700年より前に観測されたものがベースになっていて

 

天文学的には、へびつかい座を含む13星座が観測されている

というNASAの発表などは記憶に新しいところです。

 

 

つまり、わたしが何を言いたいかというと

従来の占星術の解釈とリアルな星のうごきの観測には

まぁまぁ誤差があるのねって話なんです。

 

 

宇宙の研究ってものすごい進んでるわりには

占星術の解釈はけっこう古風だなーって感じます。 

 

 

そこをふまえたうえで

次に、2018年11月8日の盤面を見てみましょう。

 

f:id:hugheart:20171010164245j:plain

 

木星の位置が、蠍座を抜けて、いて座に移動していますね。

 

実は、へびつかい座は、蠍座といて座の間に

位置するので、その考え方を採用するとしたら

解釈もまた変わってくるよねーということです。

 

ん???

余計にこんがらがってきちゃいました?

わたしも、これ以上説明する自信がありません(笑)

 

 

で、わたしがおススメしたい考え方は

原点に戻って考えよう♪

 

ヘリオの星よみでは、いわゆる吉星、凶星という考え方がありません。

その視点も、わたしのけっこう好きなところです。

 

木星は約12年かけて太陽の周りを1周します。

 

ということは、12年前の自分を振り返ってみると

今と同じようなサイクルを感じるかもしれません。  

 

f:id:hugheart:20171010140551j:plain

 

ちなみに、西洋占星術では太陽星座が蠍座のわたし。

そして、木星には、人との繋がりがより広がったり

深まっていくという目的があります。

 

わたしは、12年前の秋から2年間

ベトナム日本語教師として赴任していました。

 

自分の人生の中でも、かなり印象的なできごとだったし

かなりディープに人と繋がっていたなーと思います。

 

この2年間は

文化や習慣の違いに驚き

でも、本質的に

人はそんなに変わらないもんなのね

ってことも深く感じた日々でした。

 

 

すごくやり切った感があったのですが、その後大きく方向転換し

ふりかえると、本当の意味で自分の人生を歩み始めたのは

やり切った後からだなーとも感じています。

 

今は、12年前とはそもそも生きてる世界観がまるで違う

新しいステージがもうすでに始まっている感覚があります。

 

 

そんな風に、12年前の自分の流れをふりかえってみると

何か発見があるかもしれませんよー^^

 

 

木星の動きとリンクした、過去の自分からのメッセージを

受け取ってみるのに、いいタイミングかもしれません。

 

よかったら、参考にしてみてくださいね♪

 

 

★あらたな視点を人生に取り入れる
 透明な星よみをやっています♪
 

coubic.com

  

 

クービック予約システムから予約する