いのちよおどれ。

あらたな視点を人生に取り入れる 透明な星よみをやっています。

自分とタッグを組む

 

今朝、なぜか急に思い出した

わたしにとっては当たり前にあった

昔なじみの感覚。 

 

 

3年くらい前だったか

聞き方を学ぶ、あるワークショップの最中に

その感覚はいきなりやってきた。

 

f:id:hugheart:20171113105258j:plain

 

少し先にいる、椅子に座っている相手に

歩いて近づいていって、その隣に自然に座る。

 

座っている相手は、どんな感じがしたかシェアする。

ただそれだけの、シンプルなワークだった。 

 

 

 

相手に波長を合わせるのは得意なほうだし

一緒にいる仲間も、知らない相手ではない。 

 

 

なのに、その時のわたしは

いつになく緊張して、自然に歩けない。 

何度やっても、どうしてもできなかった。

 

 

うまくいかない

うまくいかない

うまくいかない・・・

 

ストレスがMAXに達したわたしは

思わずその場にしゃがみこんで

ついには泣き出してしまった。 

 

 

あぁもうイヤだ!

これ以上できない!!

 

わたしは・・・

人に近づくのが、怖い! 

 

 

出てきた言葉に、自分が一番驚いたけど 

 

それはたしかに、長い長い間

無意識にあった思いだった。 

 

いつも人に囲まれているようなイメージの

わたしを知る人は

もしかしたら、びっくりするかもしれない。

 

f:id:hugheart:20171113104656j:plain

 

幼少期、身体の大きい父親が、

何の前触れもなく、機嫌が豹変するのが

わたしはほんとうに怖かった。 

  

 

なぜ怒られるのか?

わたしの何が悪かったのか?

 

前後関係がまるで理解できなくて 

 

 

わたしは自分の言動を

いちいち振り返っては

 

「これでよかったかな?」

「こう言えばよかったかも」

「大丈夫かな?怒られないかな?」と

何度も確認するクセがついてしまった。 

 

 

 

実際は、わたしの言動とは関係なく

父は感情を発散する人だったので

 

確認したところで、どうしようもないのだけど

そうすることで、気持ちを安心させていたのだと思う。 

 

 

それでも、末娘のわたしは

父に可愛がられていることも感じていて

わたしは「怖がっている自分」をひた隠しにした。

 

 

お父さんに近づくのが、ものすごく怖い。 

けど、それは決して言ってはいけない気がして

怖がる自分を押しこめて、平気なフリをすることにした。

 

 

それが、幼いわたしなりの

けなげな愛のカタチだったのです。

 

 

それも、時間をかけて癒してきたつもりだったけど

「怖い」という感覚は、なくなったわけじゃなくて

ずっと体に記憶されてたのね。

 

f:id:hugheart:20171113104805j:plain

 

 

そんなふうに

こころの内側を見ていくと 

 

思いがけないタイミングで

 

わたしの中に

こんなものがあったなんて!

 

と驚くような気持ちを発見することがある。 

 

 

それは、今いきなり生まれたのではなくて

長い間おさえこんで、ないことにしてきたものが 

 

ようやく日の目をみるときが来たというサインで 

 

多くは、今なら受け入れられるという 

余裕成熟さの表れだったりもする。 

 

 

 

今朝、目が覚めたときにふと思った。

 

そういえば、わたし自分の言動を振り返っては

「これでよかったかな?」と

くよくよ引きずることがなくなったなぁ…と。 

 

 

怖がりで、できるだけ危険を避けようとするわたしと

行きたい方向に果敢に向かっていくわたしは

 

今ではけっこう仲よしで、どっちかを潰すことなく

お互いに話し合って、行き先を決めている。 

  

 

あれから、何をやったからどうなったという経緯は

正直、もう思い出せないのだけど 

 

自分の中にたしかにある

わたしの一部を、もう隠さなくてもいいんだ!

と気づいたあの瞬間は

大切な一歩だったなぁと思う。

 

f:id:hugheart:20171113105123j:plain

 

あれもわたし

これもわたし

 

 切り離そうとした自分を見つけては、ひとつになる。

そもそも、自分をないことになんてできないんだ。

 

 

自分の中にいろんな要素があるんだって

ひとつひとつ、深く気づいていくのは

実はとても豊かな体験だと思う。 

 

 

そして、魂はそれを求めているとも思うから

必要とする人のサポートしていきたい

と、わたしは今改めて思う。

 

 

いろんなあなたが日の目を見て

タッグを組んで歩んでいけますように。

 

 

クービック予約システムから予約する