いのちよおどれ。

【循環ラボ】地球をよくする生きかた実験室

森の導き

 

森deセラピーを始めたのは、約2年前。 

 

 

わたしは、以前からずっと

セミナールームで学ぶよりも、開放的な屋外でワークやったほうが

絶対みんな元気になるよねー!って思ってたんだけど 

 

 

天候に左右されることや、現地までの移動手段など 

いろんな理由で先延ばしにしてたのを 

 

 

えーい、もう、やっちゃえー!

と、とにかくスタートさせてみた企画。

 

 

ありがたいことに、今では初対面の方に

「あ。森を歩いてる人ですよね?」と言われるくらい

わたしのシンボルになっています。 

 

 

f:id:hugheart:20170910141541j:plain

 

 

別に、プロの登山ガイドでもない

植物などの知識が深いわけでもない

体力だってごく普通のわたしが

お金をいただいて人を案内することに 

 

当初、ものすごーく抵抗があったんだけど

 

この森の樹々たちは、わたしのチャレンジを

おおらかに受け入れてくれた。

 

 

 

頂上までの道すがら 

わたしは、お気に入りの樹に名前をつけていて

必ず彼らに挨拶をする。

 

f:id:hugheart:20170910143925j:plain

 

 

そうするようになったのは、きっかけがある。 

 

 

森deセラピーを始めるよりさらに何年も前のこと 

わたしはいつも、一人でこのお山に登っていた。 

 

 

体力をつけたかったのと

自分のメンテナンスをしたくて

晴れていて時間がある日は

自転車をとばして、このお山に来ていた。 

 

 

ある時、どこからか

少女のような笑い声が聞こえてきた。 

 

よく、幼稚園児が遠足にきているので

どこかに子供がいるのかなーと思っていると 

 

 

そこには、白髪のおばあさんが

きゃっきゃと言いながら、大樹に抱きついていた。 

 

f:id:hugheart:20170910143816j:plain

 

びっくりして固まってるわたしを見ても

そのおばあさんは平気な顔で話し続けた。 

 

 

「こんにちは!だいすきよ!」

 

わたしに、ではなく、樹に話しかけてる。 

 

 

おばあさんなんだけど、妖精みたい。 

 

 

「樹はねー

 話しかけると答えてくれるの 

 ねー!だいすきよ! キャハハッ」

 

 

そのタイミングで葉っぱが揺れて

雨あがりの露がぱらぱらと落ちてきて

 

おばあさんは両手をあげてはしゃぐ。 

  

 

「ほらっ 答えてくれた―!

 あはははは」

 

 

おばあさんは、人間にはあまり興味がないらしく

きゃっきゃと笑いながら、踊るように

わたしを置いて森の奥へと入っていった。 

 

 

この人、だいぶヤバいぞ・・・

 

と思いながらも、わたしは

そのおばあさんが去ったあと

周りに誰も人がいないのを確認してから 

 

おそるおそる、大樹に抱きついてみた。

 

 

ほえぇぇ~~~(*´Д`)

 

 

温泉に入ったときの第一声みたいな

思いがけずでっかい吐息が出てしまい

わたしは一気に、力が抜けた。 

 

 

f:id:hugheart:20170910142339j:plain

 

あぁ。どうしてわたしは

楽しむはずの余暇の時間にまで

「これが正解」を持ち込んでたんだろう?

 

 

自由に好きなように

楽しめばいいじゃないか!

 

 

 

人目を気にせず自由に楽しむのは

今のわたしには当たり前の感覚だけど 

当時はとても衝撃的な体験で 

 

わたしは、いまだに

あのおばあさんは森の精の化身だと思ってる。 

 

 

f:id:hugheart:20170910150338j:plain

 

今思ったんだけど 

 

わたしが森deセラピーでやってることは

あの妖精みたいなおばあさんと同じで

とにかくわたしが率先して楽しんでる。

 

それができてしまう、この場への信頼が大きい。 

 

だって、ここに来さえすれば

どんな人でも元気になってしまうもの!

と、わたしは本気で思ってる。  

 

 

チカラを抜いて、好きなように楽しめばいい。 

 

だいすきな人には

素直にだいすき!って抱きついてみたらいい。 

 

それが怖いなら

樹でリハーサルしてみたらいい。

 

やってごらんよ! 

 

おおらかに受け入れてもらえる感覚を

味わってみたらいい。

 

f:id:hugheart:20170910151500j:plain

 

そんなやさしい場所は、あなたの身近にも

きっとたくさんある。 

 

わたしは、ここでささやかに

ご縁のある方を案内しています。 

 

 

森deセラピーはリクエスト開催しているので

ご希望の日程をお知らせくださいね。 

 

秋はまた森の散策が楽しい季節ですよ♪

 

 

coubic.com

 

 

クービック予約システムから予約する