いのちよおどれ。

あらたな視点を人生に取り入れる 透明な星よみをやっています。

与えることでしか、抜けられないステージがある。

 

先日開催した

『本音で生きるグループレッスン』

 

 

写真一枚も撮らなくて・・・

ものすごく濃密な時間だったので

しばらく言語化できなかったのですが

これはやっぱり記しておこう、と思いました。

 

f:id:hugheart:20170822110154j:plain

 

 

わたしは、いつも人に囲まれているイメージが

あるかもしれないけど

実は1対1で話すほうが得意。 

 

 

それぞれが強烈な個性を持つ、7人家族の中で

自分で言うのもなんだけど

末っ子のわたしは、愛されて育ちました。

 

ほんとうに無意識に、ではあるんだけど

際立つ個性がうまくかみ合って、その場が和むように

 

幼いころからずっと、気がつくと

「お兄ちゃんはこう言ってたよ♪」と仲をとりもったり

空気を変えるムードメーカーのようなことをしていました。

 

 

でも、それってとても間接的で

成果もすぐには目に見えにくい部分だし

 

家の仕事を手伝うとか、何かを成し遂げるとか

はっきりわかりやすいカタチの貢献ではなかったので 

 

自分でも、自覚できたのは最近のことで

 

わたしはいつも、優秀な姉や兄と比べて

「自分はなんにもできない」と思ってました。

 

f:id:hugheart:20170822110325j:plain

 

 

わたしは、それぞれの個性がだいすきで。

 

一人一人、見事なまでに違って

一人一人、ほんとうにスゴイのに

 

なぜか、ぶつかったり、張り合ったり、怒ったり

気まずい空気になってしまうのが悲しくて。 

 

どうして人は争ったりするんだろう・・・ 

としくしく泣いているような子どもでした。

 

 

うちの家族はとくに

父親を筆頭に、みんなとんがっていたので 

ぶつかると血を見るくらい激しいことになるから

わたしも、一生懸命でした。 

 

f:id:hugheart:20170822110732j:plain 

 

人と人が出逢って

ともに生きようとするとき 

 

自分や相手のとんがってるところを

削ろうとしても、うまくいかない。

 

反対に、凹んでるところを埋めようとしても

なんだか いびつになるばかり。 

 

それは、幼いころからイヤというほど感じてきた。 

 

 

そのでっぱりや凹みをどう活かすか

ぴったりの場所や人や仕事に出逢っていくのが

人生なんじゃないかしらと思う。 

 

 

そしてね。

過去にどんな体験をしたとしても

人は、成長する生き物です。 

 

 

「自分を満たす」って、ほんとうに大切で

自分を生きる土台になると思うんだけど 

 

やがて、そればかりじゃ

どうにも進めないときがくる。 

 

 

気づかないうちに否定してた自分を満たしたその先に

この自分を与えていこうとする。

 

そうすることでしか、抜けられないステージがあるのです。 

 

今のわたしが、サポートする方は

そこにきている方なんだなーというのを

 

グループセッションで再確認しました。

 

f:id:hugheart:20170822110236j:plain

 

世界に自分を与えると決めたら

自分のエネルギーを大切なものに注ぐと決めたら

ハッキリ言って、もう言い訳はきかなくなる。 

 

 

誰かにかまってもらいたくて 

だって~どうせ~と言い続けるような

そんなヒマは、もうないけど 

 

その先に待っているのは

今まで体験したことがないほど大きな喜びです。 

 

 

自分の本質を活かして、本音で生きる。

わたしはそこに進むんだ。

 

そう心に決めた人に、きてもらおう。

 

その後押しをするとき

わたしは一番、人の力になれる。

 

改めて、そう実感しました。

 

飛び込んできてくださったみなさま 

すばらしい時間をありがとうございました♡

 

 

こちらの過去記事もどうぞ♪ 

hugheart.hatenablog.com

 

 

★オンラインで受ける

星よみカウンセリング

coubic.com 

 

 

★わたしの星よみも、ここから始まりました♪

オンラインで学べる☆無料講座

星と心がつながる講座 

 

 

クービック予約システムから予約する