いのちよおどれ。

自分を知るとは、いのちをしること。つまり、真理を知ること。

今日も生き切った!と言える人生を

 

人生の わりとはやい段階で 

両親の死を体験したわたしは  

 

人から見てどうあろうと

よその人がどう言おうと

 

本人さえ満足していれば

いい人生なんじゃないか 

 

と、かなり本気で思ってる。 

  

f:id:hugheart:20170612125517j:plain

 

13歳のとき突然、母が病気で亡くなり 

 

人って、こんなにもあっけなく

死んじゃうもんなんだ!

 

とわたしには衝撃だった。

 

 

当時のわたしには 

母の人生は、とても不幸に見えた。

 

だから、わたしはとても苦しかった。 

 

 f:id:hugheart:20170612125559j:plain

 

5人の子どもの世話に明け暮れ

時に暴れるわがままな父を支えて 

自分の事はぜんぶ後回しにして  

 

報われないまま、死んでいった… 

ように、幼いわたしには見えた。 

 

けど、それはわたしの目から見て、であって

母自身がどう思っていたかは、母にしかわからない。 

  

 

何年も、何十年もかけて 

 

母の人生を

心から尊重できる成熟さを 

わたしはようやく、身につけました。 

 

この道のりは、ほんとうに長かった・・・

  

f:id:hugheart:20170612125716j:plain

 

父親は、その後再婚してから

女性に尽くす喜びに目覚め 

 

公私ともに幸せの絶頂、というタイミングで

交通事故にあい、あっけなく逝ってしまった。  

 

 

まったくもう。

最後まで自分勝手なんだから・・・ 

 

 

父も、もっと長く生きたかっただろうとは思うけど  

 

3回も結婚して、尽くされる側も尽くす側も経験し

苦労も多かったけど、仕事も認められて 

あんなにわがままなくせに、家族にも愛されていて、

 

 

父の人生は、

やっぱり幸せだったんじゃないだろうか

 

と、子どものわたしから見ても思う。 

 

 

遺されたものにとって、そう思えることは

何よりのギフトです。 

 

f:id:hugheart:20170612125752j:plain

 

そんな両親の一生を見てしまったせいか 

 

わたしは、ことあるごとに、立ち返る。 

 

この人生をどう生きるか? 

 

長いか、短いか?ではなく

何を成し遂げたか?でもなく 

 

 

毎日、できるだけ 

思い残すことはないように

生き切りたい。  

 

f:id:hugheart:20170612125855j:plain

 

心残りが積み重なっていくと

一歩がとても重くなる。 

 

 

わたしは、周りにどう思われたって

たいして気にはならないけど 

 

願いはただひとつだけ。  

  

 

何十年後かもしれないし、

明日かもしれない、ある日 

 

自分がこの一生を終えたとき 

 

身近なたいせつな存在に 

 

ゆきちゃんはきっと、幸せやったろうねー 

好きなように、生きてたもんねー 

いい人生やったねー

 

と笑っていてほしいのです。 

  

 

 

決して

人によく見られたい、とかじゃなくてね。

 

わたしがどう生きたくて生きたのか

 

取り繕いようもないくらい、

縁あってわたしのそばにいてくれた 

大切なひとたちにだけは 

 

しみじみ伝わるといいなぁって。 

 

 

ほかに何も残さなくても 

そのギフトがどれほど大きいかを

わたしは身をもってしっているから。 

 

 

そんな風に、

わたしは生きたいと思うのです。

 

あなたは、どうですか? 

 

f:id:hugheart:20170612125941j:plain

 

こころから納得いく人生を!

 

 

  

★【福岡】生きる土台を整える「星よみカウンセリング」

coubic.com 

 

★わたしの星よみも、ここから始まりました♪

オンラインで学べる☆無料講座

星と心がつながる講座