いのちよおどれ。

自分を知るとは、いのちをしること。つまり、真理を知ること。

ことばの森

 

わたしたちは、場のエネルギーに

大きな影響を受けていると思う。 

 

とくに、ふだんの生活の場から受けるものは

想像以上だと思う。 

 

 

 

ちょうど一年前に、このブログに引っ越してきたころ 

まるで堰を切ったように

ことばが溢れだした感覚があって 

 

それはとっても心地よかった。

 

 

自分のことを知る人が誰もいない町を

お散歩するような、自由で新鮮な感覚があった。 

 

 

hugheart.hatenablog.com

 

 

わたしは、人が喜んでくれるのが嬉しくて 

誰かの反応がいいとすぐに 

 

もっと期待に応えたい!

が発動してしまう。 

 

その思い自体は、別に悪いものじゃないと思うんだけど 

 

人の反応を気にしすぎると、とたんに調子が狂う。 

  

 

役に立つ記事を書きたい

 

という気持ちも、もちろんあるし

 

何も気にせず、自分の思いのままに書きたい

 

という気持ちもあって 

 

その時々で、行ったり来たりしながら書いている。 

 

 

わたしは、実のところ 

わたしというフィルターを通した表現が

ものすごく好きだ。 

 

ナルシストみたいで恥ずかしいけど・・・

 

だって、自分の表現が

何より一番しっくりくるんだからしょうがない。  

 

 

わたしは、わたしが紡いだ 

ことばの森を歩くのがすき。 

 

 

自分の書いた文章を

何度も何度も読み返しては

反芻する自分がいて 

 

だから、わたしは

結局のところ

誰のためでもなく、自分のために文章を書いている。

 

きっと、みんな、そうなんじゃないかな

って思うけど。

 

 

今日はそんなひとりごとを

自分のために書いてみた。 

 

f:id:hugheart:20170429075227j:plain

 

今夜は月を眺めよう。