読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いのちよおどれ。

自分を知るとは、いのちをしること。つまり、真理を知ること。

【ふりかえり星よみ】2月9日水星と土星の結び~カラクリに気づく

星よみ ふりかえり星よみ

 

いきなりですが・・・ 

わたしの星回りをヘリオセントリック・チャートでみるとね。 

 

土星にとっても縁が深いんです。 

 

土星って、調和・構造・組織・ルールとかって意味があって 

自分自身を表す地球と、太陽から一直線に並んでる。  

 

でも、その割には、わたしは土星とのつながりを 

ふだんから意識してるってわけではなかった。 

 

で、この一週間くらいかな。 

 

土星について、いろいろ調べてたんです。 

 

特にさー、あの輪っか!

あれって何なんだろ?と改めて思って。  

 

f:id:hugheart:20170210113707j:plain

 

あの輪っかは、氷と岩石でできてるとか 

光ってるとか、太陽系の宝石と言われてるとか

 

へぇー ほぉー そうなんだー 

と思いながら、読みすすめてると 

 

ふと、あるフレーズが目に留まった。 

 

土星の引力でリング状に成型されている。 

 

そう。土星って、太陽系で2番目に大きくて 

地球の10倍くらいの大きさがある。 

 

どでかいのです! 

 

重力は地球とそれほど変わらないものの

器がでかい分だけ、引力も強い。 

でもって、自転のスピードが速いので

周囲のものが引き寄せられてきては

輪っかを作っていく。 

 

 

この輪っかの大きさが、土星の7000倍って 

スケールがでかすぎて、なんだかもうよくわからない。 

 

f:id:hugheart:20170210115033j:plain

 

とにかく、地球の7万倍くらいのでっかい輪っかを

自分の周りに作っちゃうような引力があるんだ

 

ってことを知ったのです。 

 

 

土星って、従来のジオセントリックな占星術では

 

「制限や束縛を克服する試練の星」

と意味づけけられてるんだけど 

 

わたし、その解釈はあまりピンときてなかったのね。 

 

ヘリオでは、土星調和がキーワードです。

 

 

 

で、太陽系に位置する

土星の引力とどでかい輪っかの関係性を理解したとき

 

なぁんだ。

わたしがずっと憧れてた姿じゃないか! 

 

って思ったの。

 

 

これはホント、大きな気づきだったなー。  

 

自分と縁の深い星の意味を

 

そのスケールのでかさゆえに

 

「制限がある」ととらえるか

「引力がある」ととらえるか 

 

この差は大きいと思うの!

 

 

これって、ジオセントリックな自分中心の視点か、 

ヘリオセントリックな外側からの視点かの違いでもあるよね。 

 

 

ずっと追い求めてきたものは、 

自分のありのままの姿だった! 

みたいな。 

  

 

 

これをきっかけに、土星とのコミュニケーションが

今までよりもぐっと深くなりました。

 

土星も、「ようやくわかってくれてよかった!」

みたいな感じでおおらかに祝福してくれました。 

 

f:id:hugheart:20170210123739p:plain

 

 

ここで、太陽系の動きをふりかえってみると・・・ 

 

2月9日(03:15ごろ)は水星と土星の結びでした。 

 

(2月8日10時ごろ~2月9日20時半ごろまで強い影響がありました。) 

 

水星(直感、気づき、情報、伝える、知性)

土星(調和、構造、組織、ルール、型)

ひとつになる(一体化、天才、当たり前)ことから

 

「土台となるしくみやカラクリに気づく」 

 

そんな日だったのではないでしょうか? 

    

 

ルールや型の、ほんとうの意味に気づくこと。

 

自分の当たり前をもう一度見つめてみて

あらたに解釈してみること。    

 

 

自分以外のものになろうと目指すんじゃなくて 

自分に戻ればいいだけだった。 

 

 

この気づきって、かなりおっきいよね。 

 

おかしなカラクリに気づいたら、

より心地よいしくみに変えることもできるしね。 

 

 

あなたは、どんな日々だったかな? 

ふりかえって星の影響、感じてみてくださいね♪ 

 

 

 

大いなる流れの中で心地よく生きるための 

星よみカウンセリング☆受付中です

coubic.com 

 

★わたしも、ここで星よみを学びました♪

オンラインで学べる☆無料講座

 星と心がつながる講座

 

 

★無料メルマガ【やさしい世界の招待状】

 登録はこちらから♪→ 会員情報登録