読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いのちよおどれ。

自分を知るとは、いのちをしること。つまり、真理を知ること。

いのちをこめる~膳と禅

 

とっても幸せなごはんをいただきました。 
 

f:id:hugheart:20170124110211j:plain

 

ご縁あって参加した 

ちょっと不思議なお料理教室にて

お味噌汁live~満員御礼~

 

 

「野菜の声がきこえる」という

禅ビーガン料理人の純くんがさらりと言った

 


「なんとなく作る」は
「なんとなく生きる」につながる。
 

 

という言葉にハッとして  

 

わたしは、お坊さんに禅を説いてもらっているような

不思議な感覚になりました。

 

 

 

 純くんのお料理が食べられるお店

しましまの木 Cafe - shimashimanoki ホームページ!

 

純くんの活動のひとつ

国境なき料理団 | 本道佳子 湯島食堂 - 国境なき料理団

 

f:id:hugheart:20170124110909j:plain

ぴかぴかのお野菜たち! 

  

 

純くんは、しずかに、ていねいに 

ほほえみながらお料理をする。
 


 
野菜にも血が流れてるんです

生きているから。 


野菜の個性を感じながら 


どうしたらいいかは
野菜が教えてくれます。


 

f:id:hugheart:20170124121110j:plain 

純くんとほうれんそう 

 

 


 
聞きながら、思った。

 


あぁわたし、その感覚、知ってる!  

(野菜じゃないけど、おんなじ感覚だと思う) 

 

 

 

セッションのときに

言葉がうまれる手前の声が

聞こえる瞬間があるのです。 

 

 

「降りてくる」と表現する人もいるけど 

 

 

わたしの場合は

 

 

わたしとあなたの境目がないところから
「湧いてくる」感覚で 

 

言葉そのものというよりも 
熱をおびた音が、ぱっと光る。
 
 
一緒くたにしないで
目の前の人に集中すれば、自然と聞こえるもの。

 

f:id:hugheart:20170124121046j:plain

 

 

純くんが語ってくれたことの 

「野菜」を違う言葉に変換したならば  

 

わたしが毎日やってることになる。  

 

 


目の前の人にも血が流れてるんです

生きているから。 


目の前の人の個性を感じながら 


どうしたらいいかは
目の前の人が教えてくれます。

 

 

真理というのは、言葉にすると当たり前すぎて、

いちいち考えないことのほうが多い。 

  

 

だけど、人生がどこかでとどこおっているときは

もしかして、もしかしたら

 

その当たり前をないがしろにしてる

ところがあるんじゃないのかしら? 

 

って気づかせてくれる、大切なタイミングだ。

 

f:id:hugheart:20170124113029j:plain


作るということは、食べるということは 

 

 

意識的にも無意識的にも

 

作った人がこめたエネルギーを

いただくことになるんだと

理屈ではなく身体で感じた一日でした。

  

 

だって、みんなで作って、みんなで食べて 

ほんとうに、こころが満たされたもの!

 

 

だとしたら 

わたしは、何をこめて差し出したいだろう? 

 

日々それを実践するだけなんだ。 

 


ほら。また、原点に戻ってきたよ! 

 

ほんとうに、すてきなLIVEでした!

 

f:id:hugheart:20170124120015j:plain

ごちそうさまでした♡ 

 

 

 

 

 

星よみカウンセリング☆体験セッション、受付中です

coubic.com 

 

★わたしも、ここで星よみを学びました♪

オンラインで学べる☆無料講座

1月27日~5期スタート!

 星と心がつながる講座

 

 

★無料メルマガ【やさしい世界の招待状】

 登録はこちらから♪→ 会員情報登録