いのちよおどれ。

あらたな視点を人生に取り入れる 透明な星よみをやっています。

瞳にうつるものは①

  

よく晴れた秋の日

お友だちに、写真を撮ってもらった。  

 

 

個人で仕事をするようになってから

写真を撮ってもらう機会は増えたものの 

    

 

今、こんな自分を表現したい!  

 

 

と、自分の中からイメージが湧いてきたのは 

実は初めてのことだった。

 

f:id:hugheart:20161028140316j:plain 

  

今しか感じられないこの思いを

 

今、記しておきたい。 

 

そう思って書きだしたんだけど

この感覚、なかなか言語化できなくて、苦戦中。 

 

言葉って、むつかしい。

だからこそ、おもしろくて魅了されるんだけど。

  f:id:hugheart:20161101123719j:plain 

 

写真を撮ってくれたさきちゃんとは

共通の友人の結婚式で逢った。 

 

長崎から福岡まで、一緒に帰る道のりで 

初対面にしては、お互いにけっこう深い話をした。

 

  

その後、さきちゃんがSNSに投稿した写真を見たとき

 

なんとも言えない優しさと、きりっと澄んだ空気感に 

帰り道に聞いた、さきちゃんの人生が重なった。

 

一枚の写真に、奥ゆきを感じるのは

彼女のまなざしそのものだ。 

 

f:id:hugheart:20161027082734j:plain

  

これまで、特に仕事で使う写真は  

 

あまり近寄りがたさを感じないように  

親しみやすさや柔らかさを前面に出していた。

 

   

ふだんは本当におおざっぱなわたしで

ものすごーく抜けてるし(笑)

もちろん、あれもこれもぜんぶ

決して嘘ではないんだけど…

 

ときどき、見透かされそうだと言われてしまう

水晶玉みたいにクリアーな部分も

扱いづらいほどに繊細な距離感も

 

わたしは、そろそろ表現したくなってきた。

 

  

まっさらで色のついていないこの部分は

誰に撮ってもらおうかしら?

  

 

ふっと、さきちゃんの顔が浮かんだ。  

 

一度しか逢ってないのに、 

図々しくお願いすると、快諾してくれた。  

 

彼女にとっても、タイミングがよかったらしく

写真にかける情熱は、わたしの想像を超えていた。 

 

f:id:hugheart:20161101130017j:plain

 

 彼女は、わたしのブログやFacebookをさかのぼって

かなり読みこんで、イメージを膨らませてきてくれた。

 

「あんなことも、こんなことも書いてありましたよね。」

本当に細かい部分まで読んでくれていて、びっくりしたけど

 

「けど、やっぱり何もわかっていないんです。

だから、何も決めないでおこうと思って、今日来ました。」

 

そう言われて、わたしはなんだかすごく嬉しかった。

 

文章を読んで、ムードはだいたいつかめるだろうし

こんな人だろうと決めつけるほうが簡単だけど

 

どうしたって、言葉では伝えきれない部分を

写真に撮ってもらいたいんだもの。 

 

やっぱり、この人に頼んで、よかった。 

 

写真を撮る前のヒアリングの時点で、わたしは感動していた。

 

 

長くなっちゃったので、

瞳にうつるものは② - いのちよおどれ。に 続きます!

 

 

 

体験セッション、絶賛受付中です♪

★残33名さま/50名中

coubic.com

 

 

coubic.com

   

★【やさしい世界の招待状】メルマガ登録はこちらから→会員情報登録  

 

クービック予約システムから予約する