読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いのちよおどれ。

自分を知るとは、いのちをしること。つまり、真理を知ること。

寄り添うってどういうこと?

 

寄り添うって、どういうことなんだろう? 

 

 

そもそも、わたしが心理学に出逢ったのは10年ほど前。

 

当時好きだった人が、仕事のことで深刻に悩んでいるようで

陽気な彼が急にふさぎこんでしまった。 

 

元気づけようと思って、わたしなりにいろいろ投げかけるけど

やればやるほど彼は殻にこもっていくように見え、途方に暮れた。

 

 

わたしは、そんな人にどう接したらいいかを知りたくて

WEBでこころの仕組みを検索し、隅から隅まで記事を読みあさり

わたしにできることを実践していった。

  

 

そのおかげで、彼はこころを開いてくれました。

めでたしめでたし。

とはいかなかったんだけど・・・

 

こころの仕組みの奥深さに、わたしは夢中になって

気がつくと、こころの探求を続けていた。

独学での限界を感じ、本格的に学びだしてから7年が過ぎた。

 

 

今思うと、だけど 

 

いつもいつも、相手の反応を細やかにみて 

彼の一挙手一投足に、一喜一憂するわたしの存在は

思いやり深い彼にとって、無下にもできないけど

応えるこころの余裕もなくて、ありがた迷惑だったろうなと思う。

 

今のわたしなら、もっともっと

彼をほっといてあげるなぁ、とも思う。

 

 

それでも、正解などない中で、模索しながら

精いっぱいの愛で関わり続けたわたしの想いは

彼にも伝わっていたと思う。

 

 

とても不思議だけど、あのほろ苦い経験が

わたしをこころの世界へと導びいてくれた。

 

f:id:hugheart:20161004083334j:plain

 

昨日の記事で、こんなことを書いた。

 

 *****************

人から相談されたとき

目の前の人が苦しんでいるとき

誰かを助けたいと思ったとき

 

 

わたしが大切にしているあり方は

 

 

① わたしのままで、寄り添う

 

② 悩みや問題=その人自身ではない!

 「状況」と「本質」を切り分ける 

 

③ そのうえで、本質を見続ける 

 

hugheart.hatenablog.com

 

********************* 

 

ここに書いた、「わたしのままで、寄り添う」というのは

その出来事を筆頭とする、これまでの実体験からきている。 

 

 

わたしは、大切な人が目の前でふさぎこんでいる姿に

おろおろとうろたえ、常軌を逸してしまい

いつしか違う自分になろうとしていた。

 

 

ものわかりのいい自分

いつもにこやかで、決して怒らない自分

マリアさまのような器の大きい自分

 

 

ほんとうはわたしだって寂しかったのに

猫のように気ままに甘えていたかったのに

一生懸命背伸びして、完璧な女性をめざして… 

 

そして、自分にも巧妙に隠していたけど

こころの奥の奥の奥では、無意識に

 

ほら、ね。

わたしいい子でしょ?

こんなにいい子にしてたら、

わたしのこと、愛してくれるよね?

 

という、交換条件を突き付けていたことに

気づいたときは、愕然としてしまった。

 

 

寄り添い、受け入れるどころか

無意識に、相手を変えようとしていたの。

 

 

あいたたた・・・・・(>_<)

 

 

でもね。いいのよ。

相手を大切にしようとする想いに、正解なんてないもの。

 

あなたを思っているよ。

そんなやさしい気持ちから生まれた行動を

間違っていたと責める必要なんてない。 

 

 

ただ、そんな経験を重ねると

もう少し広い視野で、もう少し深いところで

目の前の人がほんとうに望んでることが見えてくる。 

 

 

みて、みて!わたしを見て!

って無言のアピールじゃなくて

 

この人が見てるのはなんだろう?

 

って思いで、おだやかに隣にいることができる。

ほかの誰でもない、わたしのままで。

 

愛されるために、ではなくて

ただただ純粋に、知りたいから。

あなたと同じ景色を見てみたいから。

 

 

それが、寄り添うってことなんじゃないかしら?と

嫌になるほど失敗を重ねてきた、今のわたしは思うのです。

 

f:id:hugheart:20161004083430j:plain

 

 

coubic.com

   

★【やさしい世界の招待状】メルマガ登録はこちらから→会員情報登録