読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いのちよおどれ。

自分を知るとは、いのちをしること。つまり、真理を知ること。

人から相談されたとき、アドバイスするその前に。

 

昨日、お友だちと話していて

 

「悩んでいる人に、どこまで関わればいいのか?

ゆきさんはいつも、どんな風に人と接してるの?」

 

みたいな話になった。

 

 

誰かに相談されたとき、本人の問題とわかってはいても

どこまでアドバイスしていいのか、迷ってしまうということだった。

 

うんうん。

相手のためを思えば思うほど

どこまで踏み込むかって、難しいよね~。

 

 

その場では、わたしもうまく答えられなくて

 

カウンセラーという仕事についてから

最初はとにかく熱意だけで、一生懸命やってきたけど

あんな失敗もこんな失敗もやらかして、痛い目にもあって

そのうえで自分なりに気づいたことなんかを、シェアしてみた。 

 

f:id:hugheart:20161003200513j:plain

  

でも、これはすごく大事な質問だなって思って

帰りのバスの中でもずっと考えてたの。 

 

 

わたし、人から相談されたときに

どんなあり方でいるだろう? って。

 

 

かつて、相手の感情に振り回されてしまい

疲弊してたころのわたしはというと…

 

 

相手に寄り添おうとするあまり

そのお悩みと同調し、巻き込まれて

一緒になってぐるぐるしてた!

 

 

あいたたた・・・

 

 

自分のものじゃない感情が

洗濯機のように渦まくところに

吸い込まれるかのようにダイブ!!

 

 

死なばもろとも!と

その人と心中する覚悟があるわけでもないし 

まぁどう見ても、建設的とはいいがたい関わり方。

 

そりゃ疲弊しますわ~( ゚Д゚)

 

 

そのころは、どこまでが他人で

どこからが自分かわからなくなるほど

相手と一体になってしまう性質

が自分にあることを、理解してなくて

 

 

しかも、対応策もほかのやり方も知らなかったので

無意識に洗濯機ぐるぐる体当たり人生を繰り返し

気がつくと、心身ともにけっこうなダメージを受けていた。

 

 

けどまぁ、この経験で知ったことも計り知れず

そこに渦まくもろもろの感情やこころの仕組みは

もうダイブしなくても、たいていは理解できるようになった。 

 

 

そう。

わたしは、とにかく

目の前の人を理解したかった!

 

 

で、今はというと

この自分の性質を理解して、ここぞという場面で

うまく使うことができるようになったので

ものすごーくラクになった!!

 

 

ON/OFFスイッチを手に入れて

不毛にエネルギーを消耗して空しくなることが少なくなった感じかな。

  

f:id:hugheart:20161003200543j:plain

  

わたしなりの体験をシェアしていこうと思うのだけど

長くなりそうなので、今日はポイントだけ。

 

 

人から相談されたとき

目の前の人が苦しんでいるとき

誰かを助けたいと思ったとき

 

 

わたしが大切にしているあり方は

 

 

①わたしのままで、寄り添う

 

②悩みや問題=その人自身ではない!

 「状況」と「本質」を切り分ける 

 

③そのうえで、本質を見続ける 

 

 

あら。言葉にすると、意外とシンプルだった! 

 

 

ひとつひとつ、けっこう奥深いので

次回から詳しく書いていきますね~(^^)/ 

 

 

hugheart.hatenablog.com

 

 

coubic.com

   

★【やさしい世界の招待状】メルマガ登録はこちらから→会員情報登録