読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いのちよおどれ。

自分を知るとは、いのちをしること。つまり、真理を知ること。

あなただから、感じられるもの。

 

「こころの声をきく」練習をしていたころ

 

友だちからお誘いがあったり

勉強会の案内がきたりするたびに 

 

自分のおなかに手を当てて

 

「ねぇ。ほんとうに行きたいの?」 

 

って何度も聞いてた時期がある。

 

 

「行ったほうがいいよね」レベルじゃなくて

「こころから行きたい!」と思うもの以外は

断るという練習を徹底したら・・・

 

 

ほんとうに行きたいものは、とても少なかった。 

 

けど、それでも行きたいと思えたものには

実際に行ったら、楽しくて楽しくて

自分の選択に自信が持てるようになった。

 

 

ごはんを食べるときも

 

時間になったから、習慣で食べるんじゃなくて

 

「ねぇ。ほんとうに食べたいの?」

「なんでも選べるなら、今なに食べたい?」 

 

って聞いてみたり(笑)  

 

 

それくらいしないと、無意識に自分をごまかして

つい打算で選んでしまって

後からもやもやしちゃってたから 

 

 

日常の、些細なことであればあるほど

「わたしは、これが一番ほしい!」

って本音にたどり着くまで

丁寧に根気強く、自分に聞きつづけた。

 

 

自分の感覚にしたがって

「やりたい」「好き」を選んで叶えていくのは

けっこう地道な練習の積み重ねだった。

 

 

はやりのワクワクにしたがって

一歩踏み出すのはとても大事だと思うけど 

 

なんとも言えない違和感だって、大事なんだ。 

 

それは、あなただけの感覚。

ほかの人には、わからない。

  

 

自分でもわからないうちは

残念ながら、オーダーすらできない。

 

 

だからまずは自分で

本音にたどり着かなきゃ

なにも始まらない! 

 

 

あなたの本音を叶えてあげられるのは

あなたしかいないんだ。

 

 

そんなに難しく考えすぎなくても

今はわからないことがあったって

イマイチさえない日があったって 

 

心配しないで。

あなたは大丈夫だよ。 

 

 

あなただから感じられる

その感覚、大事にしてね。

  

 

この記事、こころに響いたのでシェア。

ameblo.jp

 

https://www.instagram.com/p/BKvZHv3DrOA/

 

coubic.com

   

★【やさしい世界の招待状】メルマガ登録はこちらから→会員情報登録