いのちよおどれ。

あらたな視点を人生に取り入れる 透明な星よみをやっています。

わたしのアンテナ~よろこびでつながる~

 (本日配信のメルマガより転載)

 

ときどき、尋ねられることがあります。 


 
ねぇ、

ゆきちゃんのアンテナ

どうなってんの?

 

情報通のように思われますが
ものすごーく範囲が狭いし 

 
苦手分野に関しては、まったく疎い。 


 


ただ、たしかにピンポイントで

 

わたし、これ好きっ!!

 

というアンテナの感度はかなり高い!
と、自分でも思います。 
 

 
TVも新聞も雑誌も見ないので
主要なニュースも知らないことが多いですが

逢ったひとや家族が教えてくれるので、あまり困りません。 

 

f:id:hugheart:20160913101927j:plain



で、なんでかな?って考えてみたんですね。 

 
 
まず、わたしは「人の話を聞く」ことを長らく仕事にしています。 


 
前職であるインテリアコーディネーター時代も
日本語教師時代も、毎日多くの人と接していました。 

 
たくさんの人と触れるということは、
その人の考えや経験も共有することができます。 
 
 
住んだことのない街の話
したことのない仕事の話
思いもよらないような人生経験

 

目の前の人が歩んできた人生は
わたしの知らないことばかりです。 
 
 
昔から好奇心が強くて、未知のものへの興味はつきません。 
 


 
誰にお話を聞いても

その背景やその人の価値観に触れるたびに、感動します。 


 

そして、仕事であるかどうかに関わらず
人との関わりの中でわたしはいつも

 

この人が大事にしているのは

なんだろう?

 

と思ってお話を聞いています。 
 
 
「Aさんといえば、〇〇」

 

という紐づけが、仕事や肩書との直結ではなく 

 

わたしの中の独特の分類になっていて

 

「〇〇のことをAさんに聞いたら、

Aさんがきっと喜ぶ!

なぜなら

Aさんは〇〇を大事にしてるから!」

 

という喜びベースで人を記憶してるんですね。 

 

 

f:id:hugheart:20160814083309j:plain


 


たとえば…

プロフィール写真を撮りたい!と思ったとき 

 

写真好きの友達や、本職のカメラマンの顔がぱぱぱっと浮かびます。
 
 
そのうえで、

 

今回、自分が欲しいイメージに合った人は誰だろう?


新しい自分を引き出してほしいんだけど、

今のこの感覚、誰が一番しっくりくるかなぁ?
 
 
それを検討するときは、費用や距離などの枠を一旦外します。

 

費用が安いから、近所だからという理由で選ぶのではなくて 
この人!と思った人がいたら、その感覚にしたがってオファーします。 
 


それでもピンとくる人がいない場合は、

身近な感覚の合いそうな人に気軽に話してみます。

 

「プロフィール写真撮りたいんだけど、誰か知らない?」 
 

 

何人かの人から同じ名前を聞いて、

そうか!と決めることもあれば


どうしてもタイミングが合わなくて、

あぁ今じゃないんだなということもありますが 
 


 
わたしのアンテナの「これ!」という決め手は

 

「自分の喜びと相手の喜びが重なる」

 

という感覚が得られたときには、ほぼ間違いないと思っています。

 

  

これはつまり

 

ピンとこないものは、潔く手放す

 

ことで得られるとも言えるのです。 

 

 よろこびでつながるアンテナを磨くと、幸せ感度が高まります♡

 

f:id:hugheart:20160913101532j:plain

 

あなたのアンテナは、何にもっとも反応しているでしょうか?

 

おびただしいほどの情報の中で

 

ピンポイントで自分にふさわしいものを選びたいときの
参考になりましたら、幸いです。

 

coubic.com

   

★【やさしい世界の招待状】メルマガ登録はこちらから→会員情報登録 

 
 

クービック予約システムから予約する