読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いのちよおどれ。

自分を知るとは、いのちをしること。つまり、真理を知ること。

すべての経験は、自分に還るため。

 

3年くらい前だったかな。

 

ものすごーくショックな出来事があった。 

  

信頼しきっていた人に裏切られて

しばし、人間不信になるくらい・・・ 

 

ボロボロになったわたしには

どこからともなくたくさんの手が差し伸べられ

とにかく、なすがままに助けてもらった。 

 

 

そのとき、わたしは 

 

もうこんな惨めな思いは、二度としない。

 

真実を生きよう! 

 

 

と、自分に誓った。

 

 f:id:hugheart:20160909212508j:plain

 

 

少し落ち着いてから

よーくよーく考えてみると 

 

 

あれ?

ん?おかしいな・・・ 

 

と感じる場面は

それまで何度もあったのに 

 

 

その都度

 

彼を信じよう! 

 

なーんて、一見きれいな言葉で

自分をごまかしていたのは自分だった。 

 

 

ほんとに信じてたら 

 

ねぇねぇ、これおかしくない?

 

って、当たり前に聞けたはず。

 

 

自分にまるで自信がなくて

嫌われるのが怖くて

素直に聞く勇気もなくて

ものわかりのいいふりをしてただけ。 

 

 

聞いても返事が返ってこないのは

 

返事がないのが返事ってことなのに 

 

自分の見たいようにものごとを解釈してた。

 

 

 

そう。

 

すべては

コミュニケーション不足だった! 

 

大切にしたい相手との

そして、自分自身との。 

 

f:id:hugheart:20160909212637j:plain

 

 

真実を生きる 

 

と決めると

 

真実じゃないものが浮き彫りになって 

嘘やごまかしがわんさか出てくる。

 

 

それを直視するのは、けっこう痛かったけど 

延々とごまかして生きてきた自分を

この目でしっかりと見て

まるごと受け入れようと思った。

 

 

そこには、たくさんの誤解があって

 

自分には価値がないとか

愛されるはずがないとか

恨みつらみを抱えている醜い自分が

 

それでも愛されたい

と、もがいてた。

 

 

蓋をして隠してきた自分

ないがしろにしてきた自分

無意識に罰し、痛めつけてきた自分に

 

いちいち出逢っては、抱きしめて

泣きながら誓った。

 

わたしが、わたしを幸せにするって。 

 

 

f:id:hugheart:20160726063006j:plain

 

 

3年前のあの出来事がなければ 

もしかしたら

わたしは今も、本音の本音はごまかしたまま

体裁だけを繕って生きていたかもしれない。 

  

 

だから、もう一度その時に戻れたとしても

わたしはやっぱり真実を選ぶと思う。

 

 

嵐の渦中にいるときは

とてもそうは思えないけど

 

すべての経験は

本来の自分に還るため。  

 

 

痛い思いをするのは

勘違いに気づいて方向転換するサイン。

 

 

それが真実だと、今はわかる。

 

自分を生きる 

 

すっかり忘れてた

いちばん大事なことを思い出させてくれた

悪役の名演に、今わたしは感謝してる。

  

 

そして、縁のあるひととは

どうしたって、出逢うようになっているんだと

最近さらに感じるようになった。

 

 

もしかしたら、わたしだって

誰かにとっての悪役かもしれないけど

 

それもまた、ご縁だねぇ♡ 

 

coubic.com

   

★【やさしい世界の招待状】メルマガ登録はこちらから→会員情報登録