いのちよおどれ。

あらたな視点を人生に取り入れる 透明な星よみをやっています。

ゆだねる。

 

こうしたら、うまくいく。

 

っていうメッセージを発するのが、

なんだか本気で嫌になってしまって

 

すべてはうまくいってるから、大丈夫。 

 

なんてことばかり言ってるなぁ~と。 

 

 

そんなこと言ったって、

この現状がそう思えないからつらいんじゃんか! 

きーーーーっ!!!

 

って、自分がどんだけうまくいってないかをあげつらねて

無意識に、その位置に居つづけようとする。

 

わたしもずっとそのループから抜けられなかったし

そのころはホントつらかったからこそ

 

こうすればいいよ。

あれやってみたら?

こう思ってみようよ!

 

 

なんて言い続けてきたけど、

それももう、手放しつつあって

 

「わたしは、こう思ってこうしたら、こうなったよ。」

って、ただ自分の体験を伝えることしかできないんだなって。

 

それが、自分との対話を重ねて、内面を整えていくことで

外野の声よりも自分の感性を信頼できるようになるってことなんだけど。 

 

 

「うまくいってる/うまくいってない」という判断すら

ものごとをどうとらえるかは、そのひと次第で、

ほんとうに「そう思えば、そう」なんだなーと思う。 

 

 

ていうかさ、「うまくいく」ってなんなんだろね? 

 

「そもそも」の成り立ちとかルーツの探求が好きなわたしは、

そこからして疑問がわいてくるんだけど、今日はやめとこう。笑

 

 

ただ「わたしはこう思ったから、こうする。」

「あなたはそう思ったから、そうしたのね。」

 「理由なんて特にないけど、なんとなくこうすることにしたんだ。」 

 

そんなふうに、シンプルに生きています。

 

 

今日は完全にひとりごと。

 

なんのオチもなく、そうしたいからつぶやくだけ。

手のひらを広げると、長らく握りしめていた「誰かのために」というこだわりが

さらさらと砂のように風にさらわれていく。

 

その先は、すべてゆだねてみる。 

 

f:id:hugheart:20160810072042j:plain

 

やさしい世界は、内なる平和から。

すべては、あなたから始まります。

  

★【やさしい世界の招待状】メルマガ登録はこちらから→会員情報登録

 

 

クービック予約システムから予約する