いのちよおどれ。

自分を知るとは、いのちをしること。つまり、真理を知ること。

自分を愛することに、卒業はない。

 

ひとは、時々ひどく自分をないがしろにしてしまう。  

 

けど、ほんとうは、とても愛してる。 

 

f:id:hugheart:20160729055807j:plain

 

息をするのも心臓が動くのも血が廻るのも

モチベーションあげてがんばってやろうとしなくても

うっかり忘れて止まってたなんてことが起きないように

生命を維持するための身体の働きは休むことがない。 

 

 

どれだけ無茶をしても、からだはいのちのつながる方向へ

24時間365日片時も休まず、せっせと動き続ける。

 

これが、愛でなくてなんだろうか? 

 

そんなふうに、愛されている自分のいのちを

いたわっているだろうか? 

 

  

こころや身体がストライキを起こしてしまってから

あわててゴキゲンをとるのもいいけど

 

自分自身と相思相愛になれる第一歩は

これまで自分をどれだけないがしろにしてきたか

目をそらさずしっかり認識することから始まる。 

 

 

気づいたら、それを自分責めに使うのではなくて、

自分を愛することに使うこと。

  

自分責めのクセについては、お友だちにっくんのブログが

とってもわかりやすいので、シェア。 

ameblo.jp

 

 

もう十分すぎるほど自分を愛したなんてことは、

ないんじゃないかとわたしは思う。

愛は、一回やったらおしまいって一過性のものじゃないから。

 

それは、プロポーズの時に愛してるって言ったから

もう言わなくていいだろうって論理と同じで、ただの怠慢だ。 

 

記念日に豪華なプレゼントをどかんとあげるよりも

日常的に声をかけハグをして、愛情のやりとりをするように

 

日々自分の声を聞き、慈しみ、やさしくいたわってあげよう。

こころも、からだも。

 

自分を愛することに、卒業はない。

 

mysalon-search.net