読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いのちよおどれ。

自分を知るとは、いのちをしること。つまり、真理を知ること。

暴れている人は、怖がっているだけ。

 

子どものころ、わたしは笑い上戸だった。 

 

いまだに、近所のおばちゃんに言われる。 

 

ゆきちゃんは、うちに来て、カーテンが風になびいて

カタカタ音がするだけで、きゃっきゃと笑ってたもんねぇ。

 

生きてるだけで、ゴキゲンだったわけだ。

 

だって、おばちゃんの家は、平和だったもの。

当たり前の家族のあったかさと、安心感があった。

  

f:id:hugheart:20160702111811j:plain

 

我が家では、無邪気に笑ってばかりもいられなかった。

  

何の前ぶれもなく、突然どなりだす父親

 

暴れだすと、手がつけられない人だったから

夜中に毛布をもって公園に逃げたことも数知れない。

 

どうしていきなり怒られるのかわからなくて、

怒られないように、いつもびくびくしていた。

 

そのくせ、怖いと思っちゃいけないような気がして

お父さんキライって思っちゃいけないような気がして

わたしは平気だもんって顔をするのが上手になった。

 

 

それでも、末っ子のわたしは可愛がられているほうだった。

だから、無邪気に笑いながら父に近づいていって

お伺いを立てるのは、わたしの役目だった。

 

ほんとうは、怖ろしくてたまらない。

暴れるお父さんは、大キライ。

けど、ほんとうのことを言ったら、すべてが壊れてしまう。

 

幼いわたしは、自分の言動のすべてを

「身の安全のために」「怒られないように」

という基準で判断するようになった。

 

それが、その環境でわたしが選んだ生きるすべだった。

 

 

こころの学びを深めるにつれて、気づいたことがある。

幼いわたしが感じていた、あの恐怖と激しい嫌悪感は、

父自身が感じ、自分でもてあましていた感情だったんだと。

 

ゴジラのように暴れ狂いながら、父のこころが泣き叫んでいる。

 

こんな自分を

わかってほしい

助けてほしい

愛してほしい 

 

わたしは、その叫びを無意識に感じとって

どうしても父をキライになれなかったんだと思う。

 

hugheart.hatenablog.com

 

f:id:hugheart:20160607082243j:plain

 

わたしが父から無意識に受け継いでしまった

生きることへの怖れ(父や祖父母の戦争体験からの影響もとても大きい)や

激しい自己嫌悪を時間をかけて癒していくプロセスを経て

ようやく笑い上戸のわたしがもどってきた。

 

わたしは、この経験を自分の才能として生かすことにした。

 

今までだって使ってはきたんだけど、また新たなレベルで。

そういう時代が、ほんとうに来たんだなと思う。

 

 

怖くないよ。

敵はいないんだよ。

もう、安心しても大丈夫なんだよ。

 

あなたの内側にあるパワーを、

人や自分を殺すためではなくて

生かすために使えるんだよ。

 

あなたが思い出すための、お手伝いをしていきます。

 

【追記】 

感じたことを、なかったことにしない。

ことさらドラマ仕立てにしたり、

ほかのストーリーにすりかえたりもしない。

 

わたしが大切にしている、誠実さです。

 

mysalon-search.net