いのちよおどれ。

あらたな視点を人生に取り入れる 透明な星よみをやっています。

大切なものはなんですか?

 

仕事でひとのお話を聞くときだけじゃなくて 

ひとと接するときに 

わたしが意識してるのはひとつだけ。

 

このひとが大切にしているものは、なんだろう? 

 

そう思って、その奥にある思いを聞いていく。 

 

誰に教えてもらったわけでもなく

気がつくと、そればかりやっていた。 

 

 

 

悩みの状態ってのは、一種の混乱状態で

 

えーと。めがねめがね・・・

と、頭の上にめがねをかけたまま探しまわってるような図。 

 

落ち着いて、ちょっと身辺整理したら

必要なものはちゃんとすぐそばにあるってことに気づく。 

 

大切なものを大切にできているとき、ひとは幸せを感じられる。

 

だから、混乱をといていって、大切なものが見つかると

そのひともホッとするし、そのひとの中の大切なものが

見つけてもらって本当に喜んでるのがわかる。 

 

 

なんでこんなに混乱するのかっていうと

誰かが言った「これが大切だ!」って雑音が多すぎて

自分にとってほんとうに大切なものが紛れてしまってる。 

 

聞くべき声は、誰かのもっともらしい話じゃなくて

自分自身が何を発してるのか、真剣に耳をすますことだ。

 

 

あなたの大切なものは、感情というセンサーが教えてくれる。

 

こころときめく瞬間

きゅーっとせつなくなる瞬間

なんだかハラがたつ瞬間

静かにチカラがみなぎる瞬間 

 

ほら、気づいて!

わたしはここにいる!!

 

宝物は、本人に見つけてほしいとこころから願っていて

毎日たくさんサインを送ってる。

 

一見、問題のように見える出来事だって

深くひも解いていくと、宝物につながっていて

大切なことに気づくためのきっかけでしかない。 

 

それが真実だと知っているから、わたしはどんな話を聞くときも

最後にはそのひとが自分の中の宝物に出逢って

愛おしそうに抱きしめるイメージしか浮かばない。

 

 

「大切なものは、自分の中にあったんだ!」

 

一度体感すると、その感覚はもう忘れない。

 

 

たとえ迷路のように感じていても、大丈夫。

わたしたちは、自分の人生しか生きられない。 

 

いつの間にか自分の中に取り込んでしまった

「自分じゃないもの」を外していけばいいだけ。

 

 

すべての道は、宝物につながっているんだから。 

 

f:id:hugheart:20160716073034j:plain

  

hugheart.hatenablog.com

 

mysalon-search.net

 

 

クービック予約システムから予約する