いのちよおどれ。

あらたな視点を人生に取り入れる 透明な星よみをやっています。

流れに身をゆだねて

 

2016上半期も無事終了。 

 

6月末日と大晦日、年に2回の節目の大祓いには

時間が許す限り参加するようにしている。 

 

夏越大祓い(なごしおおばらい)は

人の形をかたどった形代(かたしろ)で頭から順番に身体をなでて

この半年で、知らず知らずのうちに身についた罪穢れをとる。  

 

f:id:hugheart:20160630201126j:plain

 

そして、形代に自分の息を3回吹きかけたのち 

左、右、左と身体に紙吹雪をかけて祓い 

形代はお宮でお焚きあげしてもらうという儀式。 

 

地元の神社にざっと200人くらいの方が来られていて、びっくり。

しかも、約束していなかったのに、偶然お友だちに逢えてうれしかった。

  

f:id:hugheart:20160630201100j:plain

 

わたしにとって、この半年は大きく流れが変わり

慣れ親しんだ大きな存在を手放すシーンも幾度もあった。

 

それはときに、胸がきゅっと縮こまるような感覚を

覚えたりもしたのだけど

 

でも、もう後戻りできないことはわかっているし

こわごわと、流れに身をゆだねているうちに

見える景色もずいぶん変わってしまった。

 

 

それは、当初自分が思い描いてた景色ではないものの

実のところ、自分の予想を超える展開を

わたしは潜在的に欲していたのかもしれないなとも思う。

 

振り返ったときにしか、わからないことはたくさんある。

 

だから今は、あれこれ文句を言わずに

移りゆくその景色を楽しもうと思ってる。

 

まぁ、じたばたすることもあるかもしれないけど。

 

f:id:hugheart:20160630202452j:plain

 

自分を必死で保っている変なプライドは

ほんとうにもういらないなぁと、今日思った。

 

けっきょくのところ、妙な一点にこだわっているのは

自分だけで、身近なひとにはもうバレバレなんだし。

 

ただただ、自分の感性に素直に生きていこうと。

もともと、わたしはそれしかできないんだし。  

 

ほんとうに、いろいろあったけど

振り返るといい半年だったんじゃないかと思える

ささやかな今日がありがたい。

 

そうやって、またくる明日を生きていくんだ。

流れに身をゆだねて。

 

   

クービック予約システムから予約する