いのちよおどれ。

自分を知るとは、いのちをしること。つまり、真理を知ること。

おかあさんの唄をききながら。

 

音楽が、こころを救ってくれる場面は、ほんとうにあると思う。

 

 

音楽はいつだって、そこらじゅうに流れているのだけど

 

自分がいっぱいいっぱいの時は

とてもじゃないけど、音楽など耳に入らない。

 

 

けど、少しでも余裕ができたときに、ふとこころに沁みこむのは

ひとの声だったり、美しい調べだったり、響く音やことばだったりする。

 

そんなときは、まるで乾いたスポンジが水を吸い込むかのように

ものすごい勢いで、乾いたこころを潤してくれる。

 

 

ともすると、ノイズに圧倒されそうな生活の中で

いい音楽には、そんなチカラがあると、わたしは思う。

 

hugheart.hatenablog.com

 

 

きのうは、アンサリーのLIVEに行った。

このひとの声もたたずまいも、ほんとうにやさしくて好き。

 

 

「旅する音楽」と題して、京都のNabowaというバンドとのコラボ。 

バイオリン、ギター、ベース、ドラム&ピアノ編成のこのバンドがまた素敵だった。

 

f:id:hugheart:20160626101613j:plain

 

実際に2児のおかあさんでもあるアンサリーが

「おかあさんの唄」をうたっている最中

思いがこみあげて、ぐっと詰まった瞬間があった。

 

「してあげられること もう なにも ないのかしら・・・」

 

というフレーズをうたう前

 

のみこんだその「間」に、すべてがこもっていた。

 

 

生まれたときから、その子の人生であって 

ずっとそばにいてあげられないことは、わかっている。

いつかは、自分の手を離れて歩いていくのだと。

だからこそ、生きている今を大切に。

 

 

ともに過ごした、とても数え切れない日々の瞬間。

言葉にはならない、思いがあふれてくる。 

 

 あぁ。すべてのおかあさんの思いだなぁと。 

 

ぐっとこらえた思いがこぼれ落ちるように、客席に静かに沁みわたっていった。

 

二度と再現できない、美しい瞬間に立ち会えるから

わたしはやっぱり、ライブが好きなんだ。

 

youtu.be

 

ちょうどその日、セッションで初めてお逢いした方とも

「母として、妻としてよりも、自分の人生を追求する」

というテーマでお話ししていたんだけど。

 

それでもやっぱり、おかあさんは特別な存在だ。

誰にとっても。 

 

みんなみんな、おかあさんから生まれて

みんなみんな、こどもだったんだもの。

 

そんな当たり前のことが、しみじみとこころに沁み入った夜だった。

 

 

おかあさん、ありがとう。