読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いのちよおどれ。

自分を知るとは、いのちをしること。つまり、真理を知ること。

古い扉をきちんと閉めると、新しい扉がひらく。

 

「今に生きる」ってのは、意外とむつかしいんだ。

ひとは、ついつい過去や未来に意識がいってしまうから。 

 

7年前にはじめて屋久島に行ったとき

森のガイドさんが教えてくれた。 

 

 

ほら、今この瞬間だってね。

わたしのこころは7年前を思い出してるわけで(笑)

 

けど、過去を思い出しながらも、感じてるのは「今」で

 

この記憶に触れた瞬間、胸にじわっと広がるあたたかさを

たしかに感じているのは、肉体のある「今ここ自分」なんだ。

 

 

そのひとは、わたしを精神世界に導いてくれたひとでもある。

 

もののけの森と呼ばれる白谷雲水峡を

薄暗い早朝からゆっくりと味わう。 

 

 

まだひと気の少ない美しい森を歩きながら

わたしは、屋久島にくることに決めたいきさつや

まったくの直感でガイドをお願いしたこと

当時つとめていた日本語学校の話

学び始めたばかりの心理学のワークについてなどを

つらつらと話していた。

  

 

ガイドさんは、静かにききながら

ほら、そこにヤクシカがいるよとか

苔むした岩から出ている無数の芽をさして

森の歩き方、森の楽しみ方を教えながら

わたしを「今ここ」に引き戻してくれた。

 

f:id:hugheart:20160624100201j:plain

  

いちばん印象深いのは

ある程度歩いたとき、ガイドさんが言ったこと。

 

 

「今から少し時間をとるから、自分の視界に

人の姿が入らないようなところを選んで座ってみて。

そこで、しばらくの間、森と対話するんだよ。

 

遭難しないように、僕がちゃんと離れたところにいるから。

でも邪魔はしないから、時間になって知らせるまでは

人の目を気にせず、一人で安心して過ごしてほしい。

森の声を聴いて。森を楽しんで!」 

 

 

その時間が、ほんとうに素晴らしくて!!

 

 

20~30分くらいだったろうか?

あっという間のような、ものすごく長い時間がたったような

何もしていないのに、自分の内側がすっきりした

ほんとうに不思議な時間だった。

 

 

今ふりかえって思うと、

わたしはあのとき初めて「瞑想」というものを体験したんだ。

当時は、そんな言葉も知らなかったけど。 

 

 

ガイドさんは、それから何度かその時間をとってくれた。

森と対話するごとに、わたしの意識は深まっていき

今ここにはない、日常のどうでもいいことを口にしなくなっていった。 

 

 

チベットのシンギングボウルの音を聞かせてもらったり

写真にうつった木霊(こだま)をみせてもらったり

この本は読んだ方がいいよと教えてもらったり

さまざまなメッセージの受け取り方のコツを教えてくれた。

 

 

それと同時に、今目の前の足元をしっかり見ることの大切さ

汗をかいて太鼓岩まで登って食べたおにぎりの美味しさ

今ここを感じる大切さを、絶妙なバランスとタイミングで伝えてくれた。

 

 

心理学の世界でも、森はこころの象徴とされるんだけど

あのガイドさんは、わたしにわかりやすい形で

森と精神世界の両方をガイダンスしてくれたんだ。

 

 

一日じゅう森で遊んで、帰るときにたくさん虹が見えた。 

 

 

虹は、YESのサインなんだよ。

あなたすごいね。

ずっとこの島に祝福されてるよ!

 

 

そう言って、最後にカードを一枚引かせてくれた。

 

f:id:hugheart:20160624101818j:plain

 

玉依姫さまは、新たなはじまり、精神世界、縁結びを守護する

巫女であり、神さまの依代と言われている。 

 

「古い扉をきちんと閉めると、新しい扉がひらく。」

 

 

このタイミングで、なぜかこのフレーズを思い出したのは

あれから7年かけて、開けっ放しにしてた扉をひとつずつ

閉めてきたんだなぁと感じたから。

 

 

古い扉をきちんと閉めるという行為は

エネルギーを集約するということでもある。

 

 

こころの世界の入口に立っていた7年前に思い描いていたのと

今自分の目の前には、まるで違う景色が広がっている。

 

あの頃は、ただ不思議でしょうがなかったことたちも

今、わたしの生活にすっかり根づいているという不思議なご縁。

 

 

こころの森に分け入って、いろんな自分を発見すること自体が

ただただおもしろく、すっかり魅了されてここまで来たんだけど

 

それでよかったんだ。

 

 

新しい扉は、もうひらいてる。