いのちよおどれ。

自分を知るとは、いのちをしること。つまり、真理を知ること。

いつもいつも目にしている景色は、こころの風景。

 

今日は夏至。 

 

一年で、いちばん日照時間が長い日。 

 

ってことは、これからだんだんと日が短くなっていくのね。 

 

 

ピークというものは、おもしろい存在だ。

 

山は、頂上まで登ったら、あとは下るしかないし

あ。縦走ってやつもあるか(笑)

 

 

ひとつのピークをめがけて進んできて 

それを超えると、また次のピークが見えてくる。 

 

けど、去年の夏至と今年の夏至が同じはずもなく 

去年の夏と今年の夏は、同じようでいてまるで違っていて。

 

そういう意味で、同じ瞬間なんて片時もないのだと思うと

なんだか感慨深い。 

 

 

ここ数日のエネルギーの変化がとても大きくて 

今日は、一日かけて掃除をしていた。 

 

いろんな面で、肌に合わなくなってきたものが

山ほどあるのに、まだまだ整理しきれていない。 

 

 

けど、こうやってどんどんクリアーにしていくんだと思う。 

 

 

掃除をするとき、わたしがいちばん気をつけているのが

 

まずは、自分がいちばん目にすることが多い景色を整える 

 

ということ。

 

 

部屋の中の、ほかの部分はぐっちゃぐちゃであっても 

とりあえず、いちばん目につくところだけでも、美しくしてみる。

 

 

わたしの場合は、デスクに座ったとき目に入る出窓の光景。 

 f:id:hugheart:20160621184353j:plain

 

今の気分は、こんな感じ。

うーん。写真で見ると、けっこうごちゃっとしてて恥ずかしいなぁ。

 

ここは、ちょっとおおげさとに言うと 

わたしの中ではサンクチュアリ(聖域)だと思ってて

 

 

こころが乱れてるときは、ここがぐちゃぐちゃになってる。 

 

お気に入りをいつも眺めていたいタイプなので

ここに置くものを選ぶのは、かなり迷う。 

  

東向きで、一日じゅう光が入る場所なので 

このブルーボトルに水を入れて、そこから水をぐびぐび飲みながら

この文章を書いている。

 

 

たった一か所でいいの。 

 

自分の一部をとことん整えると

それ以外のちぐはぐさがなんとなく気になり始めて  

 

今週末の休みには、こっちを整理しよう。

やっぱりパソコンを買い替えようかな。

 

そんな風に、少しずつ全体が整っていく基軸となる。  

 

 

あなたの目の前には、どんな景色が広がってるんだろう?

 

それはきっとね。

少なからず、心象風景を表してると思うんだ。

 

だからわたしは、ちょっと覗いてみたくなる。