いのちよおどれ。

あらたな視点を人生に取り入れる 透明な星よみをやっています。

信頼という贈り物

 

人生に起きるあれこれを 

 

どうこうしようとせず 

 

ただ、ほっとく。 

 

というのは、けっこう難しい。    

 

 

だってねぇ。 

 

問題は、解決せねば! 

と教えられてきたし 

 

ほっとくと、もっとひどいことになりそうな気がして… 

   

 

あわてふためき

じたばたもがいて 

あれこれ画策して   

 

余計にこじらせてしまうこともある。

 

わたしも、えらそうなこと言える立場ではなく 

しょっちゅうやり過ぎてしまう。  

 

f:id:hugheart:20160617094722j:plain 

そんな人間くさい自分も、意外ときらいじゃないんだけど 

 

実は、ちょっと落ちつくだけでいい場面もある。

 

 

ほっとけば、ほどけていく  

 

なんて、到底思えないのは 

 

そこに信頼がないからだ。  

 

 

かつてのわたしは

 

わたしの人生は、

いつもいつも 

大変なことが起きる! 

 

ということを、どういうわけかめちゃくちゃ信頼してた。

  

 

これが根っこにあると、そりゃあわあわするよねー。 

  

 

でね。

大切なのは、その原因を探ることじゃなくて

 

何を信じて生きていくかを、自分で選ぶ

 

ってこと。

 

 

それは、わたしたち全員に与えられた

自由意志を思い出すってこと。

 

何を信頼したっていい。 

それは、わたしたちに与えられたギフトなんだ。

 

f:id:hugheart:20160617094532j:plain

 

何が起きても、大丈夫! 

 

そう思えるようになるには

 

ありのままの自分じゃ愛されない!と信じて

 

今まで頑張りすぎちゃってたひとは、何もしないことにチャレンジ 

今まで人と深く関わらずにきたひとは、近づいてみることにチャレンジ 

今まで何も言わずにきたひとは、意見をいうことにチャレンジ 

今まで人のお世話ばかりしてきたひとは、人に頼ることにチャレンジ

 

とにかく、今までとは違うパターンを選んでみる。 

 

それは、はっきり言ってめっちゃ勇気がいる。

 

だって、愛されるためにやってきたあれこれを、やめるんだから。

 

けどね。

 

心配したけど

どきどきしたけど

めっちゃ怖かったけど

 

やってみたら

(もしくは、やらなくても)

大丈夫だった!!

 

という経験とともに、コツコツと安心感を貯金するだけ。 

 

深い根っこのところでは 

起こることのすべてを信頼していて  

大丈夫じゃないことなんて、ひとつもないんだ。 

 

 

不安って、想像ばかりで実体がない。

 

最初は小さな一歩が、少しずつ大きくなって

雪だるまみたいにでっかい存在になる。 

 

だから

 

不安の雪だるまじゃなくて

安心感の雪だるまを創ろう。 

 

あなたは、最初から愛されている。 

 

 

 

クービック予約システムから予約する