読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いのちよおどれ。

自分を知るとは、いのちをしること。つまり、真理を知ること。

誰もが自分のストーリーを生きている。

 

ものすごくちいさなことだけど

 

あれれ?そんな扱い? 

って、ちょっとがっかりすることがあって。

 

相手にはまったく悪気がないのがわかるから

まぁいっかと放置しておこうとしたけど

 

こころがざわついてしょうがない。

 

 

なんだか、大切にされてないみたい。

雑に扱われたような気がする。 

 

そう感じた瞬間があって、わたしは悲しかったんだなぁと。

 

 

そっかそっか。悲しかったねぇ。

 

で、ほんとうはどうしたかったの? 

 

自分のこころの奥深くに聞いてみる。   

 


f:id:hugheart:20160608112137j:plain

  

(以下、悲しんでる自分とのやりとり)  

 

感謝が足りない!

 

・・・感謝してほしいの?

 

だって、わたしのおかげでしょー!?

恩着せがましくなるのイヤだから言わなかったけど

やってもらって当たり前って思ってない?

今までわたしがどんだけサポートしてきたか、忘れてない? 

 

 

・・・理解してほしいってこと? 

 

違う方向ばっか見て、外面ばっかよくしてんじゃねーよ!

ほんとうに向き合うべきは、ここでしょ?

 

 

・・・ちゃんと目を見てコミュニケーションしてほしい? 

 

わーん!そう。

あなたなら、わかってくれるよね?

って後回しにされたみたいで

 

そりゃわかるよ、わかるけどさぁ

いつもいつもこのポジションってのは、違うでしょー!

って、悲しかったのー(>_<)

 

 

身内を後回しにしてしまう癖が、わたしにもある。

 

結局、甘えてるわけだし、

気を遣わなくても、この人なら大丈夫って安心してるからなんだけど 

信頼されてるってことなんだろうけど

それはそうなんだけど・・・

ほんとに欲しいのは、そんなコミュニケーションじゃない。

 

 

わたしは、大切なひとを大切にしたい。

身近な相手ほど、素直なやり取りをしたい。

 

あぁ。わたし、この人と

もっともっと仲よくなりたいんだ!

 

(誰かに~してほしい!じゃなくて、

「わたし」が主語のここまでたどり着いて、初めて本音。)

 

 

そうか。これはちゃんと伝えよう。

 

形だけじゃなくて、

言葉だけでもなくて

きっとわかってくれてるよね?でもなくて

 

素直な思いを誠実に届けようって。

届いた瞬間まで、見届けようって。

 

どうでもいい相手なら、そこまではしないけど

これからも、関係をはぐくんでいきたいならね。 

  

 

まぁね。

わたしは、勝手に自分でストーリーを作っておいて

相手が期待どおりに動いてくれないから

ちょっと拗ねちゃっただけなんだけど。

 

そういうやり取りができたなら、

お互いがどれだけ嬉しいかも、よくわかる。

 

 

誰もが自分のストーリーを生きてるから、

ストーリーが変わるときか、配役を変えるときか

 

人との距離感が変わるとき

とくに親密感が増すその一歩手前で

わたしはよく、こういうことが起きる。

 

次のステージ、誰とどう生きてくの?

このままでいいの?って問われてるみたい。

  

f:id:hugheart:20160607181335j:plain

そっか。どこまでいっても、コミュニケーションはつきものなのね。

 

 

hugheart.hatenablog.com

 

hugheart.hatenablog.com