いのちよおどれ。

あらたな視点を人生に取り入れる 透明な星よみをやっています。

ずっと、子どもでいたかった。

今日、気づいてしまった。

 

いや。うすうす気づいてはいたのに

そこはもうクリアーしてるフリをしてた。 

 

わたしは、ずっと子どもでいたかったんだ。 

 

  

・・・って、あなた何歳でちゅか?

って突っ込みたくなるけど、ほんとにそう。 

 

成熟した大人なんて、そんなの見たことなかったし

無意識に、子どもの自分は愛されると思ってた。

 

 

見本がいないってことは、あなたがリーダーになるんだよ。 

 

そう言われて、声をあげて泣いてしまった。

 

わたしに、できるわけないじゃんかーーーーーっ!!!!

 

やめてよ。

でも、どこかで知ってる。

最大のコンプレックスが、才能だってことも。 

女の喜びを体現することが、人生のテーマだってことも。

 

だからこそ、逃げ続けてきたってことも。

そして、このままじゃ自分が満足しないってことも。

 

わたしの中の、少女が泣いてる。

怖いよ怖いよーって。

 

 

あぁこれはきっと、わたし個人の体験でもあるけど

女性性の集合無意識だね。

 

 

もう子どものままじゃいられないんだって。 

成熟した、大人の自分を認めるんだって。

 

いいかげん、降参するしかない。 

 

f:id:hugheart:20160604215726j:plain 

イニシエーションを経て、華ひらいていく。 

 

 

 

クービック予約システムから予約する