読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いのちよおどれ。

自分を知るとは、いのちをしること。つまり、真理を知ること。

過去のわたしからのメッセージ

 

Facebookで、過去のできごと~〇年前の今日~

という記事があがってくることがある。

 

わたしは、それを見るたびに、思う。

 

大切にしていることや

ほんとうに伝えたいことは

何年たっても、何ひとつ変わってないってこと。

 

 

そしてまた、思う。

 

なのに、どうして

こんなに大切なことを

ふだんは忘れたまんま生きてるんだろう?って。

 

大切なことを安心して忘れていられるのは

こうして誰かや何かが思い出させてくれるから

大丈夫だと思ってるからだろうか。

  

心臓が動いてるってことや、息をしてること自体を

ふだんは忘れたまんま生きてるように。 

 

 

だとしたら

わたしは自分で思ってるよりもずっと

世界を、宇宙を、そして自分を信頼しているのかもしれない。

 

 

 

そう。

メッセージは、ベストタイミングで届く。

 

 

今日届いたのは、3年前のわたしからのメッセージ。

表現はカタいけど、伝えたいことは今も変わらない。

 


 

 『魔法のことば』 

~一部抜粋~

 

ことばは急に生命をもちだし

人が望んだことが ほんとにおこった---

したいことを、ただ口に出して言えばよかった。

 

なぜそんなことができたのか

だれも説明できなかった。

世界はただ、そういうふうになっていたのだった。

 

イヌイットの伝説より)

金関寿夫 訳

 

 

3年前と違うのは、この詩をおとぎ話とはとらえない人が

きっとものすごく増えたんだろうなって。

 

だからこれは、大昔の話であって、

預言でもあるのかもしれない。

 

 

望んだことは、ほんとに起こる。

したいことを、ただ口に出して言えばいい。

世界はただ、そういうふうになっているんだ。

 

 

過去形ではなくて、わたしは今、ほんとにそう思ってる。 

 

だからこそ、言葉にいのちを込めるんだ。

 

 

『いのちよおどれ』

 

このブログタイトルは、ふっと湧いてきたものだけど

今思うと、まるで先住民の祈りのようでもある。

 

なんとまぁ。

 

3年前どころじゃないかもしれない

過去のわたしからのメッセージは、

こうしてまた、受け継がれていく。