いのちよおどれ。

あらたな視点を人生に取り入れる 透明な星よみをやっています。

野に咲く花のように、おひさまを浴びて生きる。

ずっとお気に入りだった洋服が 

急に、ぜんぜん似合わない!と思うことがある。 

 

 

 

大好きだった人の横顔を

あれ?この人誰だっけ?

 

って、別人のように感じる瞬間もある。 

 

 

 

旅から戻った懐かしい我が家が 

あれれ?

わたしの家って、こんなんだったっけ? 

 

なんだかとても、くたびれて見えてしまったり 

 

 

逆に 

 

この角度からみるたたずまいの

あまりの美しさに

はっと息をのんで 

 

生まれて初めてみるかのように

うっとりと見入ってしまったり。 

 

 

わたしが変わったのか

あなたが変わったのか 

そのどちらもが変わったのか。 

 

そもそも、変わらないものなんてあるのだろうか。

 

 

 

まあいい。  

 

 

こむずかしいことは、抜きにして 

自由に舞えるような空間がほしいなぁと

 

少し前から、なんだかむずむずしていて 

まずは、表現の場を引っ越すことにしました。 

 

 

 

おひさまを浴びて

咲く時がきたらただ咲く、野に咲く花のように

語りたいときに語りたいことを綴っていこうと思います。 

 

 

 

この感覚、なんとも気持ちいい。 

 

f:id:hugheart:20160517104337j:plain

クービック予約システムから予約する